FJ 2016/2月号

 印刷(PDF) 

SAFETY & REGULATIONS     ――――     Through The Web

(2015年12月6日~2016年1月9日)
 

以下、フレグランスジャーナル誌2016年2月号関連情報リンクを示す

 

 ■ CIR、EU SCCS、EFSA評価及び米国PMBD法成立

 CIR: 昨12月専門家パネル会合記録、最終報告6件:Alkyl Taurate Amide/SaltInorganic HydroxideMonoglyceryl MonoesterSilk ProteinCitrus Fruit由来成分Nonoxynol、暫定報告6件:Alkonium ClayApple由来成分Hexamethylene Diisocyanate (HDI) Polymer1-Hydroxyethyl-4,5-Diamino Pyrazole SulfatePolymerized TetramethylcyclotetrasiloxaneTrimellitic Anhydride Copolymers、データ不足判定2件(会合記録参照):Citrus由来成分・Helianthus Annuus (Sunflower)由来成分、化学文献調査報告2件:Phosphoric Acid・同塩Keratin

 EU SCCS: 昨12月SCCS任期最終本会議議題、EU委員会: 新規SCCS諮問4件:ヘアダイ成分Tetrabromophenol Blue・13年Titanium Dioxide (nano)答申への新規3被覆剤(Cetyl Phosphate・Manganese Dioxide・Triethoxycaprylylsilane)追加申請・新防腐剤Ethylzingerone(Hydroxyethoxyphenyl Butanone)申請・化粧品規制国際協働(ICCR)ワーキンググループ(WG)化粧品中微量不純物取り扱い原則/13年1,4-Dioxane 25→10ppm 2段階規制アプローチ勧告へのSCCS非公式反対見解の公式化要請、EFSA: 食品添加物再評価3件:Iron Oxide/Hydroxide(黄・赤・黒・褐色酸化鉄)・Paprika ExtractBeetroot Red

 プラスチックミクロビーズ規制: 米国議会下院採択法案の上院無条件採択・大統領署名を経た食品医薬品化粧品法(FDCA)一部改正Public Law No.114-114(別名:ミクロビーズフリー水法2015)、カナダ: 昨12月付け化粧品成分ホット(禁止・制限)リスト更新・形式・内容再編全リスト、ICCR第9回会合: 承認済化粧品防腐WG報告:化粧品中防腐剤関連一般・技術的高頻度質疑応答

 

 ■ 香料アレルゲンIDEA第3回会合

 アレルゲン評価国際対話(IDEA): 昨12月第3回ワークショップ: 諮問委員会座長3年間総括・個別QRA-2完了報告・IDEA管理チーム/Hydroperoxidesタスクフォース(TF)座長進捗報告・最新TF会合記録総合結論将来計画、IFRA: 感作性非動物データ包含への貢献誓約見解、CTPA: 更新・再掲載香料アレルゲン解説

 

 ■ 代替法研究の節目、EU SCCS皮膚感作性覚書

 反復投与毒性試験代替FP7プロジェクトSEURAT-1: 「動物フリー化学物質安全性評価の未来を描く」最終シンポジウム: 英国Liverpool John Moores大Cronin(COSMOS担当)実績総括・EPAコンピューター毒性学センター長Thomas国際的役割・オランダLeiden大Van de Water(DETECTIVE担当)EU Horizon2020統合旗艦プログラム「21世紀に向けた機構基盤毒性試験と危険性評価の推進(EU-ToxRisk)」・科学専門家パネル副座長のECHAKarolinska Institutet結語、CE-PCA: 一般向けリリース継続的使命講演

 EPA・NTP: 化学物質代謝機構のハイスループットスクリーニング法への包含を目的とする研究(企画)提案~実施の3段階Transform Tox Testing Challengeプログラム・同案内、EPAA: 総会・年度報告

 EU SCCS: 「皮膚感作性危険性評価におけるヒトデータの使用」覚書(引用資料: 05年動物皮膚感作性データ解析ガイダンス(GD)・付表1(11年香料アレルゲン答申)・付表2(15年ECHA CLP基準適用GD第4.1版)、OECD: 試験法ガイドライン(TG)草稿in vitro皮膚感作性:ヒト細胞株活性化試験(h-CLAT)

 OECD TG草稿4件: TG 433: 急性吸入毒性(固定濃度法)アンドロゲン(AD)作動/拮抗性検出用安定トランスフェクトAD受容体転写活性アッセイ改定TG 455: 性能基準基盤エストロゲン受容体(ER)作動・拮抗性安定トランスフェクトトランス活性化in vitroアッセイ安定トランスフェクトヒトER-α トランス活性化アッセイ:付表4ERα CALUX細胞株、EURL ECVAM: 遺伝毒性参照物質リスト更新(Mutation Research/Genetic Toxicology & Environmental Mutagenesis誌「新規及び改良遺伝毒性試験法性能評価用遺伝毒性・非遺伝毒性化学物質リスト更新勧告」論文)・Chemical Lists Information System (CheLIST)ダウンロード案内

 ■ 米国TSCA大改正最終段階到達、ナノ・ED

 米国議会上院: 下院昨6月通過HR2576:毒性物質管理法(TSCA)近代化法・上院類似法案S697:21世紀Frank R. Lautenberg化学物質安全法の調整・審議後修正HR2576を12月中旬最終採択、ACI: 歓迎表明見解、環境ワーキンググループ(EWG): 即日見解と反論活動継続表明(同第1弾:問題点

 REACH・ECHA: 情報要請/化学物質安全性評価GD中R.12章:使用状況記載(Use Description)改正第3版・超高懸念物質候補含有製品(Article)告知関連EU裁判所判決反映緊急改定版製品中物質GD、カナダ: 要注意物質再評価・対応検討化学物質管理プログラム(CMP)第5回活動報告

 ナノ関連: OECD: OECD代表ナノ物質試験プログラム報告書順次公開再開: 酸化チタン(報告書リンク数50強)・酸化亜鉛酸化セリウムフラーレン、EU FP7プロジェクト: NANoREG: 第4号ニュース、MARINA: Int. J. Environ. Res. Public Health誌ナノ物質危険性評価への群化・データ準用アプローチ論文

 内分泌撹乱作用(ED)関連: EU委員会「ED物質同定基準の影響解析」: 農薬(324物質)・殺生物剤(95)・REACH(149)・化粧品(51)規則関連物質スクリーニング結果報告

関連書籍

その他「Through the Web TOPICS」の一覧は、
TTWニュースのページからご覧いただけます。