FJ 2016/3月号

 印刷(PDF) 

SAFETY & REGULATIONS     ――――     Through The Web

(2016年1月10日~2016年2月6日)

 

以下、フレグランスジャーナル誌2016年3月号関連情報リンクを示す

 

■ CIR、EU SCCS、EFSA化粧品成分評価ほか 

CIR: 科学文献調査報告4件: Acryloyldimethyltaurate PolymersAlkoxy Alkyl SilanesPolyglyceryl Fatty Acid EstersRosa Canina由来成分

EU SCCS: 昨12月本会議記録、化粧品成分安全性評価ガイダンス(GD)注記第9版平易解説冊子、1月ヘアダイ・化粧品成分合同ワーキンググループ(WG)会合・ナノ物質(NM)WG会合、改定答申2件: o-Phenyl PhenolCetylpyridinium Chloride、新規答申3件: HC Yellow No. 16HC Red No. 181,4-Dioxane

EFSA: 食品接触物質評価の再構築勧告、食品添加物再評価3件: GoldSilverErythorbic Acid・同Na塩、新奇食品成分評価1件: 合成trans-Resveratrol

EFFA: EUフレーバーポジティブリスト規則パートA改正情報: 情報書簡(IL)1号IL 2号、ASEAN化粧品指令: 15年1、8、10月改正を含む個別成分付表リスト・指令更新版、EU化粧品原料協会UNITIS: 植物性成分毒性プロフィール予測用データベース(DB)開発プロジェクト(NCS TOX)へのHorizon2020基金(40ヵ月、10Mユーロドル)申請報告、ACI日用洗浄製品成分安全性主導(CPISI)プログラム: 最終相移行と本年末完了予定案内、EU SCENIHR: サンベッド暫定答申・3月中旬期限意見聴取案内

 

■ OECDナノ総括継続、オランダNanoCosmetic Tool

OECD: NMモノグラフ3件: 63巻「物理化学(PC)特性-NM規制関連測定及び試験法」・64巻「規制体制下のPC特性基盤NM群化・等価性・データ準用(GERA-PC)概念アプローチ」・62巻「危険性評価-NM環境挙動評価への表面化学特性対応溶解度の応用考察:銀ナノ粒子予備的事例研究」、EU JRC: Regulatory Toxicology & Pharmacology誌「OECD WPMN試験・評価プログラム(探索研究から試験法ガイドライン(TG)へ)」総説、EU計量学研究プログラム(NanoChOp)枠内実施「生物学的媒体中シリカナノ粒子参照物質の表面電荷(ζ-ポテンシャル)解析」3技術比較試験Anal. Method誌論文・参照物質の重要性NanoChOp事例報告Frontier in Chem.誌論文解説、EU FPプロジェクトNanoReTox枠内実施Toxicology In Vitro誌論文「酸化チタンナノ粒子結晶形の役割:アナターゼ型でなく、ルチル型がBalb/3T3マウス線維芽細胞に毒性影響を示す」紹介と考察、米国労働安全衛生研究所(NIOSH)疾病管理センター(CDC): 最新情報大要(CIB)「ナノ銀職業的被曝の健康影響」草稿・3月中旬期限意見聴取/公聴会開催FR告示

オランダ食品・消費者製品局国立公衆衛生・環境研究所(RIVM)委嘱研究: 化粧品中NM危険性評価ツール(NanoCosmetics Tool)枠組み報告・同NIA 紹介、NIA: 「開発の10年」14~15年活動報告、EFSA: 10年創設NM危険性評価科学ネットワーク年度報告

 

■ REACH最終登録への活動と既存情報公開強化

ECHA: データ共有関連1月6日付けEU官報告示EU委員会REACH施行規則2016/9・「1物質1登録原則」遵守強化規定解説・関連REACH-ITツール支援状況解説、下流使用者向け解説更新・サイト掲載情報双方向性マップ、EU委員会: REACH NM登録関連付表改正影響解析報告草稿

ECHA: REACH・CLP規則下蓄積情報公開3段階(情報カード(InfoCard)・概要プロフィール(Brief Profile)・原始データ(Source Data))方策案内・同InfoCard小冊子、コンピューターによる特定条件(CMR、PBT、内分泌撹乱作用、反復被曝特定標的器官毒性)検索による規制検討候補約300物質選択完了案内、新方針基盤15年遵守状況調査進捗報告

 

■ 危険性評価・試験法関連の種々動向

NICEATM: 14年「有害転帰経路(AOP):科学から規制へ」ワークショップ総括報告、EURL-ECVAM: 市民団体(Stop Vivisection)請願対応動物愛護3R方策関連知識・経験・情報源のマップ化に向けたオンライン調査・3月12日期限実施案内、ECHA: OECD TG443:拡張1世代生殖発生毒性試験(EOGRTS)実施可能施設調査報告・同解説、EPA: ヒト被曝量評価92年GDの大幅更新・最新草稿・意見聴取開始案内、WHO・IPCS: 危険性評価アプローチ調和プロジェクト15年活動報告

関連書籍

その他「Through the Web TOPICS」の一覧は、
TTWニュースのページからご覧いただけます。