第61回「成功する地方創生 キーワードは「香り」」(2016.5.27)

第61回 図書館セミナー(2016.5.27)
「成功する地方創生 キーワードは「香り」
─新潟県五泉市の桜に抗腫瘍効果

講師:川人 紫 先生(SHIODAライフサイエンス株式会社(学術博士))  

講師写真 TPP参加など、日本の農業を取り巻く環境は年を追うごとに厳しさを増している。外国産に負けない、強い農業実現の切札となるのが、農業の六次産業化である。
 私達は、地域の農産物や樹木、花などから芳香成分を抽出し、その機能性を科学的に実証した上で、競争力のある商品化につなげる、独自の六次産業化事業を実践している。
 これまで新潟県五泉市、宮崎県日南市、秋田県美郷町など自治体と共に研究を継続し、特に五泉市産桜の芳香成分においてはin vitroにおいて抗腫瘍効果を確認することができた。
 今回のセミナーでは、これまでの事例を紹介しながら、植物の香りを利用した地方創生成功の条件について述べてみたい。  
(専門:天然物抽出、地方創生、農業の六次産業化)

 

●略 歴●

1994年よりアロマセラピー用精油の輸入卸を開始。後にハイパープランツ株式会社として法人化。熊本大学客員准教授。筑波学院大学客員教授。東京家政学院大学。2013年SHIODAライフサイエンス研究所株式会社代表取締役副社長に就任。以来新潟県五泉市、秋田県美郷町、宮崎県日南市等自治体と、地域の香りの機能性に関する共同研究を行っている。

 

 

セミナー・イベントトップへ