FJ 2016/7月号

 印刷(PDF) 

SAFETY & REGULATIONS     ――――     Through The Web

(2016年5月8日~2016年6月4日)

 

以下、フレグランスジャーナル誌2016年7月号関連情報リンクを示す

 

■ TSCA改正大前進、REACH総括、カナダCMP動向

毒性物質管理法(TSCA)近代化HR2576法案: 米国議会下院採択→上院改正案付帯採択→下院上院付帯改正案への再改正案採択→6月初旬上院総合的最終採択決議→大統領署名へ前進・ACI: 新TSCA下EPA規則再構築への関与を含む歓迎見解・環境ワーキンググループ(EWG): 要改善点継続強調と終息声明

EU REACH・ECHA: 5年毎評価義務対応第2回REACH・CLP報告書・中小企業(SME)向け登録注意点解説第2号ニュース・REACH 2018解説スライド・非EU加盟国用REACH小冊子・簡易登録可能な低生産量・低危険性物質付表Ⅲ基準解説・下流使用者(DU)被曝シナリオ取り扱い実用ガイダンス(GD)第13巻・第38条規定DU報告状況解説・GD改定凍結開始6月1日時点最終化未了GD 15種進捗表(英国SafeNano: 最遅(17年5月)最終化GD中ナノ物質(NM)関連4種に懸念表明

カナダ化学物質管理計画(CMP): 15年評価報告・2年周期計画(本年4月~18年3月、6ヵ月単位4期構成)危険管理活動(展望・アプローチ・ツール・情報収集・監視・評価)/物質リスト2年分報告計画と~20年CMP次相対象物質)

 

■ サンスクリーンSPF・表示論議、SIA進捗議会報告

サンスクリーン(SSCRN)論議: EWG: 第10回SSCRN GD・同解説・PCPC対応見解、Consumer Report誌: SPF 30以上標榜乳液・スプレー・スティック状SSCRN 60種強試験結果とSPF不足警告・夏サバイバルGD中太陽光防御重要手段にSSCRN認知(PCPC歓迎見解)、CTPA: 英国Which?誌標榜SPF値以下SSCRN及び長時間使用可/再適用不要(Extended Wear)標榜SSCRN回避勧告の解説

SSCRN改革法(SIA)・OTCモノグラフ規制関連: FDA: 議会上・下院担当委員会宛て相当の範囲・期間申請(TEA)済8成分状況表を含むSIA規定進捗報告・SSCRNを含むOTC薬モノグラフ規制への使用料(User Fee)制度適用に関する公聴会開催FR告示(消費者衛生製品協会(CHPA): 意見書

 

■ 化粧品・同関連成分の評価と様々な提起報道

NTP: 毒性報告書第80巻Sodium Thioglycolate・第81巻α-Pinene、EPA IRIS: tert-Butanol毒性概要草稿、EFSA: 食品添加物再評価Sucrose Acetate Isobutyrate・粒子径規格改定提案関連安全性再検討Bb験Aasic Methacrylate Copolymer、オーストラリア・ニュージーランド食品基準局(FSANZ): 科学ナノ技術諮問グループ(SNAG)承認済食品添加物Titanium Dioxide・Silicone Dioxide・Silverナノ粒子含有食品安全性最新情報の証拠の重み付け解析報告・同解説/現行NM規制の妥当性と国際優良実施基準準拠強調(NIA歓迎表明)、EU CLP: Titanium Dioxideフランス調和提案Carc. 1B-H350i:吸入発がん可能性)の7月15日期限意見聴取、Environmental Health Perspective(EHP)誌: 卵母細胞と尿中Phthalate代謝物量との相関研究環境・生殖健康研究プロジェクト(EARTH)論文・植物性エストロゲン(ダイズ基盤幼児食)摂取経験による子宮筋腫サイズ増加と被曝の持続的影響論文、植物性栄養補助食品NTPワークショップ(WS): Environmental Factor誌速報・NTPプログラム小冊子

化粧品成分関連報道・対応: Talc含有粉末製品: 米国損害賠償訴訟企業敗訴の連鎖報道・英国Daily Mail紙報道・CTPA対応解説・ASEAN化粧品工業会安全性確認済見解、Triclosan: 被曝成熟Zebrafishの胃腸内菌叢迅速再構築関与米国オレゴン州立大PLOS ONE誌論文(歯磨中Triclosan障害性懸念)・CTPA対応見解、プラスチックミクロビーズ: 禁止提案EU委員会提出/国内独自規制考慮中英国環境大臣意向Telegraph紙報道・CTPA業界自主規制活動強調見解、Polystyreneナノ粒子(50nm): Nanowerk Environmental Science & Technology誌スウェーデンLund大論文:ミジンコ属動物(Daphnia)経由被曝魚類の挙動・生理・代謝の変化知見基盤追加研究提起

 

■ カナダ化粧品規制改善勧告など規制諸動向

カナダ健康省: 会計検査院環境長官「消費者製品・化粧品中の化学物質」報告/改善勧告・Methylisothiazolinone/Methylchloroisothiazolinone含有リーブオン製品使用警告

オーストラリアNICNAS規制再編: 再編第2草稿への大化粧品企業、原料供給業者など約30意見書公開・CE-PCA意見書

その他: FDA CFSAN: 細菌解析マニュアル(BAM)第23章化粧品微生物試験法改定版・製品表示/ウェッブ広告中化粧品効能標榜への警告書簡発行(「抗-XXX」標榜回避示唆と医薬・化粧品境界関連サイト参照推奨)、FDA CDER: 簡易新薬申請対象経皮薬物搬送系(TDS)・局所貼付剤接着性評価GD

 

■ 代替法の法的受容前進、次世代への移行

EU委員会: REACH・CLP第2回報告書中主要達成事項(動物愛護活動)関連REACH登録必要情報規定付表Ⅶ(生産量1トン以上)・Ⅷ(10トン以上)改定による皮膚腐食・刺激性、眼重大損傷・刺激性代替法及び急性経皮毒性非試験アプローチの法的受容と優先規定のEU委員会規則2016/863告示(参照:16年2月REACH規則統合版)・同ECHA解説、Cruelty Free International: 18年REACH登録時動物試験回避GD、ECHA: 13年採択OECD試験法ガイドライン236:魚類胚急性毒性試験(FET)のREACH要請への妥当・適切性解析外部委託報告、EURL-ECVAM: 慢性魚類毒性試験回避目的の水生生物毒性データ基盤外挿法検討報告・同解説

AltTox: 3R法追跡データベース(DB)紹介特集最新版、ICCVAM年次一般フォーラム: FDA、EPAなど関連12官庁及び関係組織進捗講演ICCVAM総括(皮膚感作性:6物理化学特性・in vitroin silico法によるLLNA・ヒト障害性統合的判定戦略J Applied Toxicology誌論文紹介)・NICEATM総括

EHP誌: IARCモノグラフ第100巻過程関連WSでの10特性(求電子性・遺伝子学的不安定性・遺伝毒性・酸化ストレス誘導性・慢性的炎症性など)基盤系統的文献調査と同定機構図示法総説・同関連発がん性機構データ新ナビゲーション法論説・コンピューター被曝科学:21世紀危険性評価支援新領域解説(EPA: 化学物質被曝予測の改善状況紹介・40,000超物質用途のCPCat: Chemical & Product Categories(物質・製品分類)DB包含)

 

■ ナノ技術及び内分泌撹乱作用(ED)関連動向

NM測定分野: EU JRC: ナノ粒子凝塊粒度分布試験法比較用測定結果統一記述法Analyst誌論文・多手法測定粒子径の質量当量径(MED:Mass Equivalent Diameter)変換法解説、Nanowerk: Carbonナノ粒子毒性比較での重量指標用量に代わる表面積用量の適切性Nano Letters誌論文を含む毒性試験用量表現法検討状況解説

ED分野: CEFIC: ドイツ連邦危険性評価研究所(BfR)専門家会合「ED物質同定の科学的原則:合意覚書」への歓迎表明

関連書籍

その他「Through the Web TOPICS」の一覧は、
TTWニュースのページからご覧いただけます。