FJ 2017/5月号

 印刷(PDF) 

SAFETY & REGULATIONS     ――――     Through The Web

(2017年3月5日~2017年4月1日)

 以下、フレグランスジャーナル誌2017年5月号関連情報リンクを示す

 ■ EU SCCS、EFSA、化粧品成分評価・規制

 EU SCCS: 本年初本会議記録、5月中旬期限意見聴取対象暫定答申5件: Basic Blue 99Dimethylpiperazinium Aminopyrazolopyridine HClMethoxypropylamino Cyclohexenylidene Ethoxyethylcyanoacetateスプレイ製品中ナノTitanium Dioxide(TiO2)口腔製品中水溶性Zinc塩、最終答申2件: Titanium Dioxide被覆剤3種Tetrabromophenol Blue、EU委員会諮問3件: 化粧品中Aluminium2-Hydroxyethyl Methacrylate(HEMA)/Di-HEMA Trimethylhexyl Dicarbamate香料感作性定量的(Q)危険性評価(RA)2(関連:アレルゲン国際対話(IDEA)年次評価会議IFRA速報)、化粧品成分ワーキンググループ会合記録

 EFSA: フレーバー群評価(FGE)3件: FGE203改正1(α,β-不飽和脂肪族アルデヒド群遺伝毒性懸念関連)答申対応フレーバーポジティブリスト改正EU委員会規則2017/378/同群20物質のEFFA提出現行使用のみに限定/EFFA状況解説)・FGE7改正5FGE57改正1、食品添加物再評価3件: GlycerolSoybean HemicellulosePolyglycerol Polyricinoleate、新奇食品成分評価1件: Hydroxytyrosol(オリブ由来ポリフェノール化学合成品)

 ■ REACH・CLP、カナダでの化粧品関連成分動向

 REACH関連: Formaldehyde(F)・F放出性物質フランス/オランダ/ECHA共同調査報告・0.1%超4種Phthalate(Di-2-Ethylhexyl・Butyl・Isobutyl・Benzyl Butyl)含有製品の禁止提案/5月22日期限意見聴取案内・16年評価周期活動計画(CoRAP)中39物質評価結果概要/公式情報要請近々発行案内・確定17~19年CoRAP・登録済約15,000物質特性/ヒト健康/環境影響情報網羅IUCLID 6データベース(DB)/REACH研究結果DB一般公開案内、CLP関連調和分類提案3件: Diisooctyl Phthalate2-Methoxyethyl AcrylateMargosa(インドセンダン、Azadiracta indica)抽出物

 カナダ化学物質局: 芳香族アゾ色素/ベンジジン系色素群全358種危険管理選択肢報告/進捗状況表・ポリマー評価第2相(全603種中完了第1相275種の残328種と追加5種の計336種)報告草稿、オーストラリアNICNAS: 再編日程表

 ■ 試験・危険性評価法、組織チップなど新動向顕著

 非動物試験関連: NTP: ヒト組織チップテキサスA&M組織チップバリデーション(VLD)センター研究計画速報、Qualyst Transporter Systems社: C-DILI(医薬品誘導肝臓傷害)試験法・化粧品/食品への応用C-DIU試験法紹介、EU H2020旗艦プロジェクト(PRJT)ToxRisk: 初年度総括第1号ニュース、NICEATM: 米国毒学会(SOT)発表論文(約30報)・21世紀毒性学支援統合化学環境(ICE:Integrated Chemical Environment)稼働・化学物質/医薬品安全性評価新規手段確立戦略道程開発/同8月31日期限意見聴取、EURL-ECVAM: in vitro法2種(LuSens/U-SENS法)を含む個別試験/特定定義手段(Defined Approach)による皮膚感作性非動物試験勧告草稿/4月16日期限意見聴取in vitro法優良実施基準(GIVIMP)のOECD専門家共同検討会合速報、ECHA: データ準用枠組み(RAAF)の多成分混合物・UVCB物質への考察報告、OECD: 有害転帰経路(AOP)197種/主事象1360種主事象網羅e-AOPポータル新設・統合的試験評価アプローチ(IATA)へのAOP包含解説

 RA分野: EFSA: 証拠の重み付け(WoE)ガイダンス(GD)草稿/生物学的関連性GD草稿/5月1日期限意見聴取案内・多数化学物質複合被曝ヒト/環境RA調和GD策定計画への12関連組織意見一覧、ECETOC: 16年度報告、Cosmetics & Toiletries誌: 化粧品中成分消費者被曝量予測RIFM/Crème Global社共同PRJT第2相Regulatory Toxicology & Pharmacology誌論文解説

 ISO第217(化粧品)委員会: 微生物関連4基準(08年ISO 16212:酵母/かび計数・07年ISO 18415:特定/非特定微生物の検出・05年ISO 21148:微生物試験の全般説明・06年ISO 21149:好気性中温菌の検出と計数)の各第2版刊行承認、微生物基準検討残ISO/AWI 21322:非定型化粧品及びメイクアップ製品付属品の微生物管理

 ■ ナノ物質測定法、内分泌撹乱作用物質同定基準

 ナノ物質(NM)関連: EU JRC: EU NM規制Chemie Ingenieur Technik誌総説/NM特性測定法及び同基盤安全性評価枠組み確立必要性強調・比容積表面積(VSSA)法による高信頼性ナノ粉末分類J Nanoparticle Research誌論文基盤NM/非NM判定法解説、ISO第229委員会: ISO/TS 80004-11 第11巻用語集:ナノ層・被覆・膜・関連用語刊行承認

 内分泌撹乱作用(ED)物質関連: EU委員会: 農薬・殺生物剤規則へのED基準包含加盟国会議記録、ECETOC: ED同定7段階法技術報告第130巻

 

その他「Through the Web TOPICS」の一覧は、
TTWニュースのページからご覧いただけます。