FJ 2017/12月号

 印刷(PDF) 

SAFETY & REGULATIONS    ――――   Through The Web

                             (2017年10月2日~2017年11月4日)

 

以下、フレグランスジャーナル誌2017年12月号関連情報リンクを示す。

■ 非動物試験の法的受容、OECD 新TG・GD承認

SACATM会合: 非動物試験法・新アプローチ法(NAM)法的受容促進官庁主導米国戦略道程・関連講演資料(健康/環境科学研究機構(HESI)管轄RISK21 Webツール(利用ガイダンス(GD))・戦略目標達成評価指標考察)・Environmental Factor誌速報、EPA新毒性物質管理法(TSCA)4項(h):脊椎動物試験削減戦略策定: SACATM EPA講演・11月公聴会目標/戦略計画、組織チップ応用: AltTox医薬品安全性試験新範例研究動向・NIH 3次元ヒト組織モデル開発13研究基金発表

 

OECD試験法ガイドライン(TG)・試験評価モノグラフ(STAM)/GD: 試験評価統合アプローチ(IATA)分野: 重大眼損傷/眼刺激性IATA GD第263巻参照と整合性維持目的のTG改定: TG437:ウシ角膜混濁/浸透性(BCOP)試験・TG438:単離ニワトリ眼球(ICE)試験・TG491:短期曝露(STE)試験・TG492:再構築ヒト角膜様上皮(RhCE)試験・TG460:蛍光漏出(FL)試験・TG405:急性眼刺激・腐食性、群化・データ準用(RACR)・QSAR関連IATA普及: 16年開始事例研究プロジェクト(PRJT)成果総括STAM 6巻案内: UV吸収剤Phenolic Benzotriazole類反復投与毒性群化第271巻・有機リン系農薬AOP累積危険性/生涯感受性評価第272巻・特定N-Alkanol RACR第273巻・特定2-Alkyl-1-Alkanolラット90日間経口反復投与毒性RACR第274巻・ボディー乳液中12.5% Safrole誘導体Piperonyl Butoxide群化被曝量考察/非動物法安全性評価作業手順第275巻・事例研究考察16年第2次評価周期報告第270巻、皮膚感作性分野: 有害転帰経路(AOP)主事象(KE)基盤初明記TG442E:皮膚感作性AOP樹状細胞活性化KE関連in vitro法、動物愛護面TG改定: TG402:急性経皮毒性試験固定用量法・TG433:急性吸入毒性試験固定濃度法、その他分野: 83年制定1世代生殖毒性試験TG415廃止措置・TG第2項生体系影響下TG244:原生動物活性化汚泥阻害試験・ハチ/授粉媒介生物影響関連ミツバチ10日間摂餌試験TG245(バリデーション(VLD)報告STAM第277巻)・接触毒性試験TG246・ミツバチ急性毒性試験TG 247

 

他新動向: OECD: 胎児発生毒性TG414改正草稿(内分泌撹乱作用(ED)関連終点包含)、EURL-ECVAM: 経皮吸収予測50種強in silicoモデルToxicology誌論文/解説・ヒトiPS細胞由来神経幹細胞試験有望性再確認解説・有望in vitro発がん性試験法細胞形質転換アッセイ(CTA)巣イメージ自動デジタル解析法適用定量化J Applied Toxicology誌論文/解説・炎症過程のAOP枠組み内捕捉ワークショップ(WS)速報・慢性魚類毒性試験回避諸外挿検討Toxicological & Environmental Chemistry誌論文/解説、ECETOC: OECD TG306:海洋生分解性試験改善15年WS勧告基盤リング試験第34巻報告進捗状況

 

■ ナノ物質、EU成果総括、OECD TG、REACH提案

EU NanoSafety Cluster: ニュース秋号中間大要秋号・ナノ物質(NM)法規制試験共通的アプローチNANoREG PRJTのドイツ公衆衛生環境研究所(RIVM)結果所蔵庫(Results Repository)紹介・ProSafe PRJTの同様結果所蔵庫紹介・既発行NM安全性評価枠組み基盤ツールボックス/EU委員会案内・測定法面NM定義NanoDefine PRJT成果NanoDefiner e-Tool(ver.1.0.0)/EU標準化委員会(CEN)NM標準化公聴会

 

EU JRC: 参照Polyvinyl Chloride球状粒子への市販円盤型遠心沈降法(Disc-CLS)適用解説・Silica/Polystyrene粒子への粒子追跡法(PTA)適用解説、英国議会科学技術部(POST): NM危険性評価注記

 

OECD: NMモノグラフ: 第81巻:3~8月加盟国活動報告総括(Tour de table)・代表NM試験プログラム物質個別総括第83巻:NM銀・第82巻:大気・作業環境中NM測定戦略・第84巻:製造NM消費者/環境被曝危険性評価用被曝量情報、TG: NM特異的初TG第3項:環境運命/挙動下TG318:模擬環境媒体中NM分散安定性(VLD報告:STAM第276巻)・NM影響把握可能TG 412:28日間(亜急性)吸入毒性試験・TG 413:90日間(亜慢性)吸入毒性試験、ISO第227委員会: 技術報告(TR)19057:NM生体耐性(Biodurability)評価用無細胞in vitro試験刊行承認

 

EU委員会: NM規制枠組みREACH規則改正案(11月6日期限意見聴取)

 

■ 成分評価・規制、FDCA改正、ISO自然・有機基準

CIR: 科学文献調査報告:Eucalyptus Globulus (Eucalyptus)由来成分Ginkgo Biloba由来成分Zinc塩、EFSA答申: 食品添加物再評価Starch類・新奇食品成分1-Methylnicotinamide Chloride・同Hoodia parviflora(南アフリカ産トウワタ地上部乾燥物)・食品加熱処理中生成Furan/Methylfuran、ECHA: TiO2 吸入発がん性CLP分類承認時危険性評価委員会評価経緯報告・刺青/永久メイクアップ成分REACH付表XV制限報告/制限一覧、カナダ化学物質管理プログラム: 群化アプローチ対象Phthalate群スクリーニング評価草稿/C7-9分岐Alkyl Benzyl Phthalate(B79P)管理提案/ Di-2-Ethylhexyl Phthalate(DEHP)管理提案解説、カリフォルニア州Prop65法: 発がん物質Vinylidene Chloride非重大危険性閾値0.88μg/day設定提案告示

 

米国FDCA改正: Hatch上院議員S2003:化粧品規制近代化法案、The Rose Sheet: 環境ワーキンググループ支持パーソナルケア製品安全性法案(PCPSA)/中小化粧品工業会(ICMAD)支持化粧品近代化法案(CMA)の中間点表現・PCPC支持表明/ICMAD歩み寄り動向

 

ISO第217委員会: 9月採択16128-2:自然・有機化粧品基準GDパート2補完新PRJT 22582:抽出物蒸発法と有機指標の算出・23199:加水分解物の有機指標の算出の2件承認、The Rose Sheet: 自然・有機基準創始者らによる批判再燃

 

英国EU離脱(Brexit): CTPA: 特設サイト/Brexitニュース第5号、ECHA: Brexitサイト新設

 

その他「Through the Web TOPICS」の一覧は、
TTWニュースのページからご覧いただけます。