FJ 2018/1月号

 印刷(PDF) 

SAFETY & REGULATIONS    ――――   Through The Web

(2017年11月5日~2017年12月2日)

 

以下、フレグランスジャーナル誌2018年1月号関連情報リンクを示す

■ SCCS香料アレルゲンQRA2答申、感作性試験動向

EU SCCS: 香料アレルゲン国際対話(IDEA)報告書「香料アレルゲン定量的危険性評価第2版(QRA2)」暫定答申(1月22日期限意見聴取)、IDEA: 同答申歓迎と鋭意検討表明、IFRA・RIFM: 第49次基準改正とQRA2小冊子の春発行予定・QRA2基盤Crème RIFM AE確率論モデル

 

QRA非動物感作性試験法包含IDEA・JRC共同戦略会合: 試験評価統合アプローチ(IATA)特定定義アプローチ(DA)12種中1~2種による事例研究合意・単独使用可能有望試験法SENS-IS包含示唆、代替法国際協働(ICATM): Archives Toxicology誌総説:法規制上の適用及び国際的受容支援に向けた標準化(性能基準基盤試験法ガイダンス(GD)策定提案)

 

■ 非動物試験の法的受容、官庁主導活動の動向

EPA: 新毒性物質管理法(TSCA)下非動物試験化初公聴会ChemWatch誌速報、ICCVAM: 急性経口全身毒性予測モデル開発公募計画・AltTox急性全身毒性関連動向解説、ECHA: REACH規則動物愛護規定に基づく代替法開発動向現状報告、FDA CDER: ICH S5(R3)GD:医薬品(新規添加剤を含む)の生殖毒性検出草稿

 

■ ED・ナノ物質動向、REACH最終登録、新TSCA評価

EU委員会: 殺生物剤(Biocide)規則528/2012に内分泌撹乱作用(ED)判定新基準付表設定委任規則(Delegated Regulation)2017/2100(6月7日発効)・農薬(Plant Protection Products)規則付表Ⅱ改正によるED基準包含規則案EU議会反対決議対応再改正案、EPA EDスクリーニングプログラム(SP): 経緯・連邦殺虫剤/殺菌剤/殺鼠剤法(FIFRA)科学諮問パネル(SAP)会合用白書「ED判定高スループット(HT)SP開発の継続」・5諮問事項、NTP: 代表的ED物質Bisphenol A(BPA)構造類似体/機能代替品24種の研究報告第4巻、環境ワーキンググループ: Columbia/Michigan大7~9歳児体脂肪量増加とBPA被曝の関連報告基盤のEPA、FDAへの肥満源(Obsogen)評価包含要請、EU委員会: SCHEERへの医療器具中CMR・ED特性保有Phthalates利得・危険性比評価GD諮問

 

EU委員会: ナノ物質(NM)関連REACH規則改正提案への受領意見一覧・NIA提出見解、ECHA所管NM監視所(EUON): NM危険性評価:追加考察小冊子、ドイツ環境保護省: Ag・TiO2・ZnOなど14種NMのOECD水生毒性試験3種結果と物理化学特性による法規制上群化可能性/制約/要検討事項報告、ISO第229委員会: 技術規格(TS) 20787:Artemia sp. Naupliiによる塩水湖中製造NMの水生毒性評価刊行承認

 

REACH・ECHA: CEFIC/無機顔料コンソーシアムによる高温焼成金属酸化物混合物からなる複雑無機着色顔料登録GD紹介・、登録意図の全供給チェインへの連絡喚起勧告REACH 2018追加(新双方向Infographic/中小企業(SME)IUCLIDアクセス用クラウドサービスなど)・英国Risk & Policy Analysis社委嘱SME最終登録関与意図調査結果ニュース4号特集(SMEのコンサルタント利用)、新TSCA・EPA: 高/低優先順位物質各最低20種選定義務関連昨12月公聴会用優先評価候補物質選定アプローチ/ツール討議資料・既存物質リスト10年間状況(活動有無)提出解説/暫定活動有物質リスト(12・16年化学物質情報報告基盤)

 

■ OTCサンスクリーンモノグラフ規制の停滞継続

米国政府説明責任局(GAO): サンスクリーン改革法規定報告「FDAは追加有効成分申請を評価し、追加データが必要と判定した」

 

■ 化粧品関連成分評価・規制動向

EU SC: SCCS: 昨10月末第5回本会議記録・防腐剤Climbazole補遺答申(REACH生殖発生毒性/ED評価決定注記)・ワーキンググループ(WG)記録(化粧品成分WG/NM WG)、SCHEER: 玩具中Al溶出限度と許容1日摂取量(TDI)最終答申、EU委員会: SCCS諮問: 酸化染毛剤Hydroxypropyl p-Phenylenediamine/同2HclZinc Pyrithione、化粧品規則改正: 化粧品常任委員会昨11月会合議題昨7月会合採択の化粧品規則2017/2228(同修正)告示(制限付表ⅢにPeanut Oil・抽出物・誘導体15種:Peanutタンパク上限0.5ppmとHydrolyzed Wheat Protein:加水分解物中ペプチド最大平均分子量3.5kDaの表記追加)

 

カナダ: 化粧品成分禁止制限(ホット)リスト改正案(Pigment Red 4/防腐剤Methylisothiazolinone/同Methylchloroisothiazolinone組み合わせ/Nerium Oleander抽出物/Chloramine T)・運用基準、EFSA: 食品添加物再評価: Fatty Acids Mono-/Di-GlyceridesAlginic Acidと同Na/K/Ca/NH4塩、フレーバー群評価(FGE)・フレーバー用途評価: FGE73改正4FGE410BenzophenoneEthyl Acrylate、新奇食品成分評価: BetainePyrroloquinoline Quinone 2Na・グイマツ(Dahurian Larch:Larix gmelinii )由来Taxifolinリッチ抽出物合成l-Ergothioneine、ECHA: REACH評価周期活動計画(CoRAP)収載物質状況一覧HydroquinoneResorcinol評価報告、RIFM Food & Chemical Toxicology誌香料物質安全性評価センター: 16香料物質評価短総説(2-Isopropyl-4-Methylanisole3,7-Dimethyl-2,6-Nonadienenitrile3,12-Tridecadienenitrile4-Isopropyl-2-Methoxy-1-MethylbenzeneAcetaldehyde Ethyl Phenylethyl AcetalIso-C8-10 Alcohols(C9 rich)α,β-Dimethyl BenzenepropanolCis-6-Nonen-1-olEthyl 2-tert-Butylcyclohexyl CarbonateMenthyl Isovalerateα-Methylbenzyl AlcoholMethylcyclooctyl Carbonateβ-Methylphenethyl Alcoholα-Propylphenethyl AlcoholPropyl Phenethyl Acetal2-Heptylcyclopentanone

 

その他「Through the Web TOPICS」の一覧は、
TTWニュースのページからご覧いただけます。