TTWニュース(海外化粧品関連安全性、規制速報)

本頁に2009年1月〜2013年11月まで掲載した「Through the Web UPDATE(TTWU)ニュース」と「フレグランスジャーナル誌のコラム「Through The Web TOPICS」での日本語解説の仕組みを改訂し、フレグランスジャーナル 2014年1月号からNews & News中に設けた「SAFETY & REGULATION―Through The Web」欄に海外サイトを翻訳した要旨を情報として掲載しています。日本語の要旨につきましてはフレグランスジャーナル誌をご購読ください。
掲載情報の原資料へのリンクは月末に本ホームページにアップします。併せて、従前の情報収集に汎用してきたサイトを含む統合リンク集(2016年7月更新)も掲載しましたので、ご利用ください。
バックナンバーについては、従前通り下記バックナンバー頁から検索可能とし、改訂後の新原資料リンクについてもバックナンバー中に含めていきます。


<注>リンクをクリックすると英文資料がダウンロードできます。ただし、サイト刷新などのURL変更、同URLへの新資料上書きによりダウンロード不能となる場合もありますのでご了承下さい。

最新情報

 印刷(PDF) 

SAFETY & REGULATIONS    ――――   Through The Web

(2017年7月2日~2017年8月2日)

 

以下、フレグランスジャーナル誌2017年9月号関連情報リンクを示す

 

■ 化粧品成分動向、抗菌・防腐剤への注目
EU SCCS・EU委員会: 第4回本会議化粧品原料/ナノ物質(NM)/試験法ワーキンググループ(WG)記録、最終化答申3件: Basic Blue 99Aminopyrazolopyridine HClMethoxypropylamino Cyclohexenylidene Ethoxyethylcyanoacetate、Health EUニュースSCCS座長論説、新諮問2件: Butylphenyl Methylpropional(p-BMHCA)Climbazole、化粧品規則改正: Methylisothiazolinone:防腐剤付表Ⅴ改正規則2017/1224(リンスオフ製品上限0.01%→0.0015%)

抗菌・防腐剤動向: FDA CDER: OTC消費者抗菌洗浄製品(Antiseptic Wash)モノグラフ最終規則9月6日発効関連中小企業向け質疑応答ガイダンス(GD)、ACI: 保留3成分(Benzalkonium・Benzethonium Chloride、Chloroxylenol)状況解決努力継続表明、環境WG: 歯磨など他消費者製品/環境問題対処など広範規制措置再提起解説(イタリアフローレンス難分解性ハロゲン化有機汚染物質国際シンポジウム採択Environmental Health Science誌掲載Triclosan・Triclocarban:Florence宣言)、スウェーデン化学物質局(KEMI): 化粧品規則防腐剤付表Ⅴ収載Chloroxylenol・Chlorhexidineなど塩素含有7種の見直し/環境観点REACH規則適用のEU委員会への提起、EU委員会: 病院関係者向け抗菌剤の賢明な使用GD

CIR: 科学文献調査報告(SLR)主情報源報告標準形式、SLR 3件: Alkyl SultainesAmmonia/Ammonium HydroxideHamamelis Virginiana (Witch Hazel)由来成分

 EFSA・EU委員会: 食品添加物再評価3件: Xanthan GumPectin/Amidated PectinGlutamic Acid/同Na/Ca/NH4/Mg塩、その他4件: Saponaria officinalis L.根(農薬様(ダニ駆除/植物誘導因子)基盤物質)・Pyrrolizidine Alkaloids(11年毒性/発がん危険性勧告の蜂蜜/茶/ハーブ浸出液/栄養補助食品中量情報と被曝量予測基盤見直し)・N-Acetyl-d-Neuraminic Acid(合成新奇食品成分)・4,5-Epoxydec-2(trans)-enal(フレーバー群評価FGE226改正1答申基盤ポジティブリスト削除規則2017/1250)、ECHA・CLP: 調和CLP分類提案4件: Lavender(Lavandula hybrida) ExtractCitralGeraniolGlyoxylic Acid、IARC:β-Myrceneモノグラフ第119巻抄録(ヒト発がん性2B分類)、NTP: Zinc摂取技術報告書第592巻草稿・Black Cohosh(アメリカショウマ)Environmental Factor誌研究進捗、スイスチューリッヒ大: ナノTitanium Dixoide経口投与によるDextran Sodium Sulfate誘導大腸炎の悪化と機構関連BMJ誌論文

 

■ ED動向の再活性化、EU ED基準法制化に大前進

 EU委員会: 内分泌撹乱作用(ED)物質同定科学基準包含農薬(PPP、Plant Protection Products、現1107/2009)・殺生物剤(BP、Biocidal Products、現528/2012)各規則付表2改正案加盟国代表者会議採択経緯質疑応答集、EFSA: 15年暫定1日許容摂取量設定Bisphenol A(BPA)再評価詳細枠組み案、ECHA: EFSA共同作成ED基準GD進捗報告・超高懸念物質候補リスト既収載BPAに「ED特性」追記加盟国委員会承認・Di-Butyl/Isobutyl/2-Ethylhexyl/Butyl Benzyl Phthalatesへ同追記案内・承認対象物質リストED特性基盤収載Ethoxylated Nonyl Phenol関連承認申請技術ワークショップ開催案内、EPA: ハイスループットEDスクリーニングアンドロゲン受容体・ステロイド合成・甲状腺経路試験包含検討科学諮問パネル会合用情報要請FR告示、学術研究会議(NRC)特別委員会: EPA諮問対応「ED物質の低用量毒性評価全般戦略における系統的評価法の適用」報告(National Academy Press社)、OECD: 12年試験評価モノグラフ(STAM)第150巻の大幅改定第2版草稿・試験法ガイドライン(TG)408:げっ歯類90日間反復経口投与毒性試験改定草稿(甲状腺経路ED活性検出改善

■ OECD STAM一挙発行ほか、試験・評価法動

OECD: STAM GD追加・改定7件: 皮膚感作性in vitro試験IL-8 Luciferaseアッセイ法専門家評価パネル報告第268巻/国際バリデーション(VLD)報告第267巻・重大眼損傷/刺激性統合試験評価アプローチ(IATA)第263巻・急性吸入毒性固定用量法TG433開発背景評価報告第265巻・魚類蓄積性TG305視点GD第264巻・ミツバチ急性毒性/接触試験標準化国際リング試験報告第269巻・原生動物活性化汚泥試験TG確立用最終VLD報告第266巻

 コンピューター毒性学(CT): NICEATM: 化学物質活性/有害転帰経路/統合試験戦略構成CT研究サイト、EPA: CT研究センター主管CompTox基盤Chemistry Dashboardデータベース(DB)第2版・毒性予測ToxCast/NTP Tox21/被曝予測ExpoCast関連解説、EFSA: 化学物質障害性DB:OpenFoodToxに毒性値予測・閾値分類用QSARモデル2種(VEGA基盤

 被曝量評価: ECETOC: Créme Global社共同開発ヒト被曝量評価ツール(heat)・被曝量情報源DB案内・同解説夏号ニュース(技術報告第126巻参照推奨)、RIFM: Créme Global社共同開発CrémeRIFM香料統合被曝モデル第2相Regulatory Toxicology & Pharmacology誌論文

 その他: EFSA: 特定遺伝毒性評価GD草稿(9月6日期限意見聴取)、EU SCCS: 第4回本会議記録(CE-PCA遺伝毒性会合新試験法3種提案・特別開催不確定要素(UF)分科会報告(SCHEER 証拠の重み付け(WoE)・UF WG会合

 ■ 化粧品動向、FDCA改正、AMA提起、NICNAS再編

 米国FDCA改正: 議会上院前会期廃案パーソナルケア製品安全性法(PCPSA)の新S1113法案再上程・ICMADなど中小化粧品工業会の先行下院HR575法案支持表明・化粧品動物試験/同実施製品販売禁止人道的化粧品法案HR2790下院再上程

 米国医師会(AMA): 機関誌J AMA Internal Medicineノースウェスタン大Feinberg医学部総説/元FDA関係者論説(04~16年FDA CFSAN受領化粧品副作用報告解析と現FDA受動的監視体制の権限強化必要性提起)・同支持PCPC声明/環境WG見解

 オーストラリアNICNAS: 再編最終報告第5報・再編基盤法AICIS(工業化学物質導入枠組み法)議会上程報告、カナダ: 新横断的セルフケア製品定義基盤規制再編活動報告

 その他: ISO第217(化粧品)委員会: 昨2月ISO 16128-1:自然・有機化粧品成分の技術的定義・基準GD:成分定義に続く同16128-2:成分・製品基準刊行承認、FDA CFSAN: 爪硬化処置中心の安全使用GD・微生物分析マニュアル化粧品第23章H1項:好気性プレート計数/H2項:真菌/酵母/カビ平板計数再改定、カリフォルニア州毒性物質管理局安全消費者製品プログラム: 製造業者義務の代替品解析GD第1版

バックナンバー一覧へ

Safety&Regulations–ThroughTheWeb 情報源リンク集

News & News:Safety & Regulations–Through The Web

情報源リンク集

 

初版:2013.12-10

更新:2014.12-10

第2回更新:2016.07-11

 

09~13年フレグランスジャーナル誌Through The Web TOPICSコラムとホームページ掲載TTWUニュースの海外安全性・法規制情報源リンク集初版を14年新形式で開始したNews & News:Safety & Regulations–Through The Webの情報源と統合・再編した本リンク集を更新し、最新情報としました

 

1. 化粧品成分主体の安全性評価及び関連規制

1.1 米国パーソナルケア製品協議会(PCPC:Personal Care Products Council)(PCPC)後援化粧品成分評価(CIR:Cosmetic Ingredients Review)(CIR

  • 評価優先順位リスト(PL:Priority List)(CIR-PL)(右中~下段:同年・翌年分)

  • 科学文献調査報告(SLR:Scientific Literature Review)(CIR-SLR)(右上~中段)

  • 専門家パネル会合(EPM:Expert Panel Meeting)(CIR-EPMの上段Panel Meetingsタブから最新会合情報へ)(記録(PMA:Post-Meeting Announcement)・暫定報告(TR:Tentative Report)・最終報告(FR:Final Report)・関連資料(下段)・過去会合一覧(右)

  • 成分名検索データベース(DB:Data Base)(CIR-DB)(アルファベット順、フリー検索)

  • 評価結果一覧表(FT:Findings Table)(CIR-FT)(安全・制限・不使用・データ不足・非安全・総合など一覧表及びヘアダイ疫学・エアゾール・植物成分・幼児皮膚など定型記述書式)

     

    1.2 EU委員会健康・食品安全総局(DG SANTE:Health & Food Safety Directorate General)(DG SANTE)管轄:消費者安全性科学委員会(SCCS:Scientific Committee on Consumer Safety)(SCCS

  • DG SANTEによるSCCSへの諮問(MD:Mandates)(SCCS-MD

  • SCCS創設09年4月~13年3月分類別答申(OP:Opinion)(SCCS 09-13 OP

  • SCCS再編13年4月~16年3月分類別OP(SCCS 13-16 OP

  • SCCS新体制16年4月~21年3月意見聴取用草稿・最終OP(SCCS 16- OP

  • SCCS本会議(PM:Plenary Meeting)記録(Min:Minutes)(SCCS PM-Min

  • SCCSワーキンググループ(WG:Working Group)会合Min(SCCS WG-Min

  • DG SANTE管轄:健康・環境危険性科学委員会13年4月~16年3月(廃止)OP(SCHER:Scientific Committee on Health and Environmental Risk)(SCHER-OP

  • DG SANTE管轄:新生及び新規同定健康危険性科学委員会13年4月~16年3月(廃止)OP(SCENIHR:Scientific Committee on Emerging and Newly Identified Health Risk)(SCENIHR-OP

  • DG SANTE管轄:健康・環境・新生危険性科学委員会16年4月(上SCHER・SCENIHR統合新設)~21年3月OP(SCHEER:Scientific Committee on Health, Environmental & Emerging Risk)(SCHEER-OP

     

    1.3 EU委員会域内市場・産業・起業・中小企業(SME)総局(DG GROWTH:Internal Market, Industry, Entrepreneurship & SMEs)(DG GROWTH)管轄:化粧品成分DB(CosIng:Cosmetic Ingredient Database)(CosIng

  • 13年7月発効化粧品規則・改正規則(REG:Regulation)索引(CosIng-REG

  • 13年7月発効化粧品規則成分付表(AN:Annex)索引(CosIng-AN

     

    1.4 米国食品医薬品局(FDA:Food and Drug Administration)(FDA)医薬品評価研究センター(CDER:Center for Drug Evaluation and Research)(CDER)管轄:店頭売薬(非処方箋薬)(OTC:Over-The-Counter)(サンスクリーン、抗菌剤など)モノグラフ(MON:Monograph)REG(OTC MON

  • OTC製品分類(Product Category)別米国官報(FR:Federal Register)告示(OTC-FR

  • 14年末施行サンスクリーン改革法(SIA:Sunscreen Innovation Act)(SIA)時間割(TT:Time Table)・実績(SIA-TT

  • FDA非処方箋薬諮問委員会(NDAC:Non-Prescription Drug Advisory Committee)(NDAC)(左に年度別資料一覧)

     

    1.5 国際香料工業会(IFRA:International Fragrance Association)(IFRA)(会員限定部分多数)

  • 最新活動(ACT:Activity Report & News)(IFRA-ACT

  • IFRA基準(STD:Standard)(IFRA-STD

     

    1.6 香料物質研究所(RIFM:Research Institute for Fragrance Materials)(RIFM)(会員限定部分多数)

  • 刊行物(PB:Publication)(RIFM-PB

  • 科学プログラム(SP:Scientific Program)(RIFM-SP

     

    2. 化粧品規制

    2.1 FDA食品安全応用栄養センター(CFSAN:Center for Food Safety and Applied Nutrition)(CFSAN)化粧品REG概要(CFSAN-REG

  • 連邦規則集(CFR:Code of Federal Regulation)第21章(CFSAN-21CFR

  • 化粧品関連ガイダンス(GD:Guidance)(CFSAN-GD

  • 警告書簡(WL:Warning Letter)などACT一覧(CFSAN-WL/ACT

     

    2.2 EU委員会DG GROWTH化粧品REG概要(DG GROWTH-REG

  • REG枠組み(FW:Framework)及び追加・更新(UP:Update)EU官報(OJEC:Official Journal of European Union)告示(EU REG-FW/UP

  • DG SANTE公衆衛生(PH:Public Health)部門ACT(DG SANTE-PH-ACT

  • EU化粧品工業会(CE-PCA:Cosmetic Europe-The Personal Care Association)(CE-PCA)発行EU化粧品REG GD(CE-PCA-GD)及び勧告(RM:Recommendation)(CE-PCA-RM

     

    2.3 カナダ健康省(HC:Health Canada)化粧品REG概要(HC-REG)・消費者製品安全法(CCPSA:Canada Consumer Products Safety Act)REG(副作用報告制度主体)概要(HC-CCPSA-REG

  • 禁止・制限化粧品成分リスト(HOT:Hot List)(HC-HOT

  • 食品・医薬品法関連既上市成分リスト(ICL:In-Commerce List)(HC-ICL

     

    2.4 化粧品法規制国際協働(日米欧加)(ICCR:International Cooperation on Cosmetic Regulations)(ICCR

  • 年次総会(AM:Annual Meeting)Min(ICCR-AM-Min

  • 特別課題(TP:Topic)資料(ICCR-TP

     

    2.5 オーストラリア健康省(DH:Department of Health):工業化学物質告知・評価枠組み(NICNAS:National Industrial Chemicals Notification & Assessment Scheme)(NICNAS)化粧品REG概要(NICNAS-REG

  • NICNAS既存物質リスト(AICS:Australian Inventory of Chemical Substances(AICS

  • オーストラリアDH治療製品局(TGA:Therapeutic Goods Administration)(TGA)サンスクリーンREG-GD(ARGS:Australian Regulatory Guidelines for Sunscreens)(TGA-ARGS

  • TGA医薬品・毒物統一収載基準(SUSMP:The Standard for The Uniform Scheduling of Medicines and Poisons、通称「毒物基準(PS:Poison Standard)」(TGA-PS))

     

    2.6 ASEAN化粧品工業会(ASEAN:ASEAN Cosmetic Association)(ASEAN

  • 化粧品指令(DIR:Directive)(ASEAN-DIR

  • 化粧品DIR AN(ASEAN DIR-AN

     

    2.7 国際標準機構(ISO:International Standard Organization)第217(化粧品)技術委員会(TC:Technical Committee)検討中プロジェクト(ISO-TC217

     

    2.8 化粧品、化粧品原料関連業界組織及び情報提供活動

  • PCPC化粧品情報(CosmeticInfo)総覧(PCPC-CosmeticsInfo

  • 英国化粧品工業会(CTPA:Cosmetic, Toiletry & Perfumery Association)(CTPA)化粧品情報(The Facts About)総覧(CTPA-TheFactsAbout

  • カナダ化粧品工業会(CCTFA:Canadian Cosmetic Toiletry and Fragrance Association)(CCTFA

  • EU化粧品原料連盟(EFfCI:European Federation for Cosmetic Ingredients)(EFfCI

  • EU化粧品原料工業及びサービス機構(UNITIS:European Organization of Cosmetic Ingredients Industries and Services)(UNITIS

  • 米国洗浄協会(ACI:American Cleaning Institute、旧石鹸洗剤工業会(SDA:Soap and Detergent Association))(ACI

  • 米国消費者ヘルスケア製品協会(CHPA:Consumer Healthcare Products Association)(CHPA

  • 国際石鹸洗剤家庭用製品工業会(AISE:International Association of Soaps, Detergents and Maintenance Products)(AISE

  • EU議会(PAR:Parliament)ACT(EU-PAR

     

    2.9 その他(最新情報提供など)

  • 米国化粧品情報デジタル週刊誌(RS:The Rose Sheet)(RS)(表題のみ、内容は購読要)

  • PCPCオンライン情報(OIB:OnlineInfoBase)(PCPC-OIB)(内容は会員限定)

  • 米国Cosmetic & Toiletries誌オンラインREG情報(C&T-REG

  • オンラインREG情報(CDE:CosmeticDesign Europa)(CDE)・同アジア(CDA:CosmeticDesign Asia)(CDA)・同米国(CDUS:Cosmetic Design USA)(CDUS

  • 米国消費者団体環境ワーキンググループ(EWG:Environmental Working Group)(EWG

  • 日本厚生労働省(MLHW:Ministry of Labor, Health and Welfare)法令等DB(MLHW-REG DB

  • 日本化粧品工業連合会(JCIA:Japan Cosmetic Industry Association)(JCIA

     

    3. 化学物質規制及び評価

    3.1 米国環境保護局(EPA:Environmental Protection Agency)(EPA)化学物質安全・汚染防止部(OCSPP:Office of Chemical Safety & Pollution Prevention)(EPA-OCSPP

  • 16年6月22日大統領署名/即時施行Frank R. Lautenberg 21世紀化学物質安全法(FRL-CS21CA:Frank R. Lautenberg Chemical Safety in 21st Century ACT、現行毒性物質管理法(TSCA:Toxic Substances Control Act)改正・近代化法)総合解説(OV:Overview)(FRL-CS21CA-OV)

  • TSCA(EPA-TSCA)下化学物質評価・管理(CAM:Chemical Assessment & Management)(EPA-CAM)・同評価FW(EPA-CAM-FW

  • TSCA作業計画(WP:Work Plan)物質(EPA-TSCA-WP

  • 高生産量物質(HPV)障害同定(CHC:Chemical Hazard Characterization)報告(CHC

  • 危険性評価(RA:Risk Assessment)FW(EPA RA-FW

  • EPA統合危険性情報システム(IRIS:Integrated Risk Information System)(EPA IRIS

  • 内分泌撹乱作用(ED:Endocrine Disruption)物質スクリーニングプログラム(EDSP:Endocrine Disruptor Screening Program)FW(EPA EDSP-FW

     

    3.2 EU化学物質局(ECHA:European Chemical Agency)(ECHA

  • 化学物質登録・評価・承認REG(REACH:Registration, Evaluation and Authorization of Chemicals、16年4月統合(CONS:Consolidated)REG(REACH-REG-CONS))(ECHA-REACH)・GD(ECHA-REACH-GD

  • REACH最終登録18年支援プログラム(ECHA-REACH18

  • 化学物質分類表示包装(CLP:Classification, Labeling and Packaging)REG(ECHA-CLP)・15年6月発効支援プログラム(ECHA-CLP15

  • REACH評価周期活動計画(CoRAP:Community Rolling Action Plan)(ECHA REACH-CoRAP

  • 承認(AU:Authorization)(超高懸念物質(SVHC:Substances of Very High Concerns)候補(CD:Candiadates)(ECHA REACH-SVHC-CD)及びAU過程(ECHA REACH-AU)・AU物質リスト(ECHA REACH-AU-List

  • EU委員会共同研究センター(JRC:Joint Research Center)化学物質情報統合DB ChemAgora(JRC-AGORA

     

    3.3 カナダ環境省(EC:Environmental Canada)化学物質部門(CS:Chemical Substances)(EC-CS

  • カナダ環境保護法1999(CEPA:Canadian Environmental Protection Act)(CEPA

  • 化学物質管理計画(CMP:Chemical Management Plan)(EC CS-CMP

  • 化学物質群化主導プログラム(SGI:Substances Grouping Initiatives)(EC CS-SGI

  • 優先物質評価バッチ1~12:「挑戦」プログラム総括(CLG:Challenge Program)(EC CS-CLG

     

    3.4 全米毒性プログラム(NTP:National Toxicology Program)(NTP

  • 試験技術報告(TR:Technical Report)及び抄録(NTP-TR

  • 科学諮問理事会(BSC:Board of Scientific Counselors)(NTP-BSC

  • 発ガン性物質報告書(RoC:Report on Carcinogens)(NTP-RoC

  • 健康評価翻訳部(OHAT:Office of Health Assessment & Translation、旧ヒト生殖危険性評価センター(CERHR:Center for The Evaluation of Risks to Human Reproduction))(NTP-OHAT

     

    3.5 米国カリフォルニア州環境衛生障害性評価部(OEHHA:Office of Environmental Health Hazard Assessment)(OEHHA)・Proposition 65法(Prop65)REG(Prop65-REG)・Prop65告示(NO:Notice)(Prop65-NO)・Prop65発ガン性・生殖発生毒性物質リスト(Prop65-List)及びリスト収載・削除機構(Prop65-List・Delist

     

    3.6 オーストラリアNICNAS既存化学物質多段階評価・優先順位付けプログラム(IMAP:Inventory Multi-Tiered Assessment & Prioritization)(NICNAS-IMAP)・優先既存化学物質(PEC:Priority Existing Chemicals)評価(NICNAS-PEC

     

    3.7 経済協力開発機構(OECD:Organization for Economic Co-operation and Development)

  • 化学物質安全性・生体安全性ホーム(OECD-ChemSafe

  • 既存物質DB(OECD-DB)・化学物質情報グローバルポータル(eCHEM:eChem Portal)(OECD-eCHEM

     

    3.8 世界保健機構(WHO:World Health Organization)国際化学物質安全性プログラム(IPCS:International Programme on Chemical Safety)(WHO-IPCS

  • 明解国際化学物質評価報告(CICAD:Concise International Chemical Assessment Document)(CICAD

  • 環境衛生基準(EHC:Environmental Health Criteria)(EHC

  • 国際化学物質安全性カード(ICSC:International Chemical Safety Cards)(ICSC

     

    3.9 WHO国際がん研究機構(IARC:International Agency for Research on Cancer)(IARC

  • 刊行済IARC MON(IARC-MON

  • 最近(Recent)及び予定(Upcoming)IARC MON会合(IARC-RU-MON

     

    3.10 その他関連業界組織・情報提供活動

  • 米国化学評議会(ACC:American Chemistry Council)(ACC

  • EU化学品工業評議会(CEFIC:European Chemical Industry Council)(CEFIC)・長期研究主導プログラム(LRI:Long Range Research Initiative)(CEFIC-LRI

  • 国際化学品工業会評議会(ICCA:International Council of Chemical Association)(ICCA

     

    4. 安全性試験法、動物実験代替法及び危険性評価手法

    4.1 NTP代替法評価官庁間センター(NICEATM:NTP Interagency Center for the Evaluation of Alternative Toxicological Methods(NICEATM)・代替法バリデーション官庁間協働委員会(ICCVAM:Interagency Coordinating Committee on the Validation of Alternative Methods)(ICCVAM)

  • 開発試験法(Method)RM(ICCVAM Method-RM

  • Method検討進行状況(ST:Status)(NICEATM Method-ST

  • NICEATM 21世紀毒性学プログラム(NTP-Tox21)支援プログラム(NICEATM-Tox21

     

    4.2 EU JRC・IHCP・EU動物試験代替法参照研究所-EU動物試験代替法バリデーションセンター(EURL-ECVAM:European Union Reference Laboratory for Alternatives to Animal Testing-European Center for Validation of Alternative Methods)(ECVAM

  • Method RM(ECVAM Method-RM

  • 代替法DB(ECVAM-DBALM

  • 他関連DB(ECVAM-DB

  • 有害転帰経路(AOP:Adverse Outcome Pathway)(ECVAM-AOP

  • JRC EU化学物質規制下代替法評価・バリデーション・承認追跡システム(TSAR:Tracking System for Alternative test methods Review, Validation and Approval in the Context of EU Regulations on Chemicals)(JRC-TSAR

  • QSARなど予測毒性学関連PB(ECVAM-QSAR-PB

     

    4.3 EU委員会DG GROWTH管轄欧州動物試験代替アプローチ協働(EPAA:European Partnership for Alternative Approaches to Animal Testing)(EPAA

     

    4.4 OECD化学物質試験法ガイドライン(TG:Guideline for Testing of Chemicals)(OECD-TG)・試験評価MON(STAM:Series on Testing and Assessment Monograph)(OECD-STAM

  • TG草稿(DRFT:Draft)(OECD-TG DRFT

  • STAM DRFT(OECD-STAM DRFT

  • QSARツールボックス(TB:Tool Box)(OECD-QSAR TB)・同解説マニュアル(MN:Manual)(OECD-QSAR MN

  • AOP(OECD-AOP)・知識ベース(AOP-Wiki

     

    4.5 欧州化学物質環境毒性・毒性センター(ECETOC:European Centre for Ecotoxicology and Toxicology of Chemicals)(ECETOC

  • PB(技術報告書・WS報告)(ECETOC-PB

  • 標的危険性評価(TRA:Targeted Risk Assessment)TB(ECETOC-TRA TB

     

    4.6 その他

  • 毒性試験非動物試験法情報機構(AltTox)情報源リンク集(LINK)(AltTox-LINK)(EU FW研究プロジェクト(FP:Framework Project)6、7及びHorizon 2020へのリンクを含む)、代替法総合ST(AltTox-ST

  • 米国ジョンズホプキンス大ブルンバーグ公衆衛生学部代替法情報(@ltWeb

  • 日本動物実験代替法評価センター(JaCVAM:Japanese Center for The Validation of Alternative Methods)(JaCVAM)・評価ST(JaCVAM-ST

     

    5. 食品及び医薬品関連

    5.1 食品・食品添加物・フレーバー・食品接触物質・規制

  • EU食品安全局(EFSA:European Food Safety Authority)(EFSA

  • EFSA答申・報告総合誌(EJ:EFSA Journal)(EFSA-EJ)・同Wiley Online Library版(EFSA-EJ-Wiley

  • EU委員会DG SANTE食品安全(FS:Food Safety)部門(DG SANTE-FS)・食品添加物(FA:Food Additives)規則/評価ST(DG SANTE-FA-ST

  • EU委員会DG SANTE食品接触物質(FCM:Food Contact Materials)DB(DG SANTE-FCM DB

  • 欧州フレーバー協会(EFFA:European Flavor Association)REG/GD(EFFA

  • FDA CFSAN REG/GD(CFSAN-Food REG/GD

  • FDA CFSAN安全認知成分(GRAS:Generally Recognized As Safe)(CFSAN-GRAS

     

    5.2 医薬品規制

  • EU DG SANTEヒト医薬品部門(DG SANTE-DRUG

  • FDA CDER(FDA-CDER)・GD(FDA-CDER GD)・GD検索(FDA-CDER-GD-Search

  • 医薬品査察協働枠組み(PIC/S:Pharmaceutical Inspection Co-operation Scheme)(PIC/S)・同PB(優良製造基準(GMP:Good Manufacturing Practice)・医薬品原簿(DMF:Drug Master File)GDなど)(PIC/S-PB

  • オーストラリアDH TGA(TGA

     

    6. 特定課題

    6.1 ナノ技術・ナノ物質

  • ISO第229(ナノ技術)TC検討中プロジェクト(ISO-TC229

  • OECD製造ナノ物質安全性(SMN:Safety of Manufactured Nanomaterials)活動(OECD-Nano)・SMN MON(OECD-SMN MON)・PB/UP(OECD-SMN PB/UP

  • EU JRC IHCPナノ関連ACT(JRC-Nano

  • EU枠組み研究プロジェクト(FP:Framework Project)総括ナノ安全性クラスター(NSC:Nanosafety Cluster)(NSC)・ニュースレター(NL)(NSC-NL)・所属FP/Horizon 2020研究プロジェクト(NSC-FP)(左側プロジェクト一覧)・WG ACT(NSC-WG

  • FDAナノ関連ACT(FDA-Nano

  • 米国労働安全衛生研究所(NIOSH)ナノ関連ACT(NIOSH

  • 全米ナノ技術主導プログラム(NNI:National Nanotechnology Initiative、NanoGov)(NNI

  • ナノ技術工業会(NIA:Nanotechnology Industries Association)(NIA

  • 英国基盤EUナノ安全性総合情報(SafeNano

  • ナノ技術関連総合情報サイトNanowerk(Nanowerk

  • ナノ皮膚科学会(NDS:Nano-Dermatology Society)(NDS

     

    6.2 内分泌撹乱作用(ED:Endocrine Disruption)及び同物質(EDC:ED Chemicals)関連

香粧品(化粧品・トイレタリー)科学関連の雑誌