pick up!

中世ドイツの修道院医学 ヒルデガルトの精神療法 35の美徳と悪徳

中世ドイツの修道院医学 ヒルデガルトの精神療法 35の美徳と悪徳

有意義で調和に満ちた幸せな人生を送るためには、自分の欠点と長所、すなわち悪徳と美徳にしっかりと向き合うことが必要です。ヒルデガルトの精神療法でもっとも大切なのは、魂を砕き、幸福をブロックしている35の力(悪徳)をポジティブな力(美徳)へと転換することです。ここに、愛と健康と生きる喜びに満ちた人生への鍵があります。 本書は心と体の健康について目からウロコの画期的な考え方を提供します。

新刊

心身症と心の病を簡単に治す

カウンセラーとセラピストに必要な基本知識

心身症と心の病を簡単に治す
カートに入れる

日本でも心の病の問題が爆発的に増えている。この分野で一歩先をいくドイツの専門家が全体的な対症法の全てをセラピストに伝授する。

著者 マンフレッド・クラメス
ジャンル 書籍
書籍 > 自然療法・代替療法
カテゴリ > アーユルヴェーダ
出版年月日 2018/11/10
ISBN 9784894793026
判型・ページ数 A5・160ページ
定価 本体2,200円+税

この本に関するお問合せ・感想

目次

第1章 基礎知識
 日本のメディアは信用できますか?
 西洋医療の弱点
 5大元素の影響力
 ヴァータの正体
 「ヴァータ障害」の発見

第2章 診断
 自分のヴァータ度をチェック
 ヴァータ診断用キーワード
 土に救われる

第3章 心身症
 うつについて
 ADD/ADHD について
 耳鳴りについて
 不安障害について
 ホルモンについて
 ヴァータと毒素

第4章 対策
 ヴァータの為の食養生
 最も効果的な療法
 アーユルヴェーダの弱点
 予防は最高の治療法

第5章 まとめ
 結論

内容説明

ヴァータのレベルの上昇が、心を蝕む。

体の病気より精神的な問題が、日本でも爆発的に増えてきました。不眠症、不安障害、ひきこもり、うつ、ADD/ADHD、免疫系を弱める不幸感などがこれにあたります。こうした心身症や心の病には「全体的な診断法」が最も必要です。ドイツではそれに関する研究が優れており、西洋医学より確実に成功率が高まります。

ドイツの専門家であるM.クラメスは、こうした症状に5大元素の理論をあてはめ、さらにヴァータに焦点を絞ってクライアントを観察することによって、完治が可能になるとしました。
その基本知識を本書で紹介します。

本書は、セラピーを学んだ方々が探していた実践的な問診法を示唆するとともに、すでに病気に罹ってしまった人の自己治療への第一歩となるよう、セオリーだけにとどまらない実際的な質の高い情報を提供する、健全な精神と身体へのガイドブックです。

ご注文

  • 本体2,200+税

    カートボタン
  • TTWニュース
  • フレグランスジャーナル 電子版開始
  • YONDEMILLログイン
  • 電子書籍
  • 転載
  • フェイスブック
  • twitter始めました