FJ 2018/8月号

 印刷(PDF) 

SAFETY & REGULATIONS    ――――   Through The Web

(2018年06月03日~2018年07月01日)

以下、フレグランスジャーナル誌2018年8月号関連情報リンクを示す

 ■CIR活況続くも、防腐剤評価保留が継続

 CIR: 第147回専門家パネル会合記録、最終報告2件: Eucalyptus Globulus (Eucalyptus)由来成分(6種)・Triphenyl Phosphate(1種)、審議保留: Polyaminopropyl Biguanide(参考: EU SCCS昨4月答申0.3%非安全→0.1%上限安全)、暫定報告6件: Polyfluorinated PolymersGinkgo Biloba由来成分Hydrogen PeroxidePolyol PhosphatesSalicylic Acid/Salicylates(再評価(RR)改定)・Dialkyl Dimer Dilinoleates(RR改定)、RR要否判定2件(記録参照): Aluminum Starch Octenylsuccinate(不要)・Silica/Silicates(要)、データ不足判定2件(記録参照): Organo-Titanium成分・Vinylpyrrolidone Polymers(RR)、科学文献調査報告1件: Hydroxyethyl Urea、使用不支持(UNS:Use Not Supported)・不使用(NRU:No Reported Use)成分リスト(記録参照): Polysilicone 4種被覆剤用途外単独使用・Pyrus Malus/Malus Domestica (Apple)由来成分5種、ヘアダイ疫学資料改定草稿、19年優先評価成分リスト(米国ハーブ製品協会(AHPA)情報協力継続/強化声明・NIH全米補完/統合健康センター(NCCIH)ハーブ総覧参照用HerbListアプリ導入と推奨

■化粧品成分評価・規制、EU、RIFM、REACHなど

EU SCCS: 6月本会議議題、最終答申4件: Styrene/Acrylates Copolymer;同Na塩 (nano)HEMA・Di-HEMA Trimethylhexyl Dicarbamate口腔衛生製品中水溶性Zn塩・補遺Climbazole、EU委員会: 化粧品規則2018/885(ナノUV吸収剤Methylene Bis-Benzotriazolyl Tetramethylbutylphenol (MBBT)付表VI収載告示)、RIFM Food & Chemicals Toxicology誌香料物質安全性情報センター: 香料安全性短総説14香料(Cyclohexanecarboxylic Acidβ-Patchoulene3-Methyl-1-Pentanol4-Hexen-1-ol4-Hepten-1-olHeptanal Dimethyl AcetalDodecanal Dimethyl Acetal3-tert-Butylcyclohexyl Acetatel-Menthyl Lactate2,4-Dimethylbenzyl Acetatecis-5-Octen-1-ol3-Methyl-5-(2,2,3-Trimethyl-3-Cyclopenten-1-yl) Pent-4-en-2-olAmylcyclohexyl Acetate (異性体混合物)6- Ethylideneoctahydro-5,8-Methano-2H-1-Benzopyran-2-one)、カナダ: 化粧品成分ホットリスト2018(計5改正解説

 REACH・CLP/ECHA: Diisotridecyl Adipate評価報告・超高懸念物質(SVHC)候補リスト(環状シロキサンD4/D5/D6、Trimellitic Anhydride、Dicyclohexyl Phthalateなど10物質収載案内)・承認物質付表XIV既収載Di-2-Ethylhexyl(DEHP)・Butyl・Isobutyl、Butyl Benzyl Phthalate 4種への内分泌攪乱作用(ED)特性追加改正提案(8月6日期限意見聴取)/解説・フィンランド安全化学物質局危険管理選択肢解析報告Resorcinol・危険性評価/社会経済委員会審議状況報告

 EFSA: 食品添加物再評価Gellan GumPolyethylene Glycol被曝量詳細調査報告、FDA CFSAN: 既存食品の添加物質総覧、持続可能コンソーシアム: 化粧品持続可能性スコアカード

 ■OECD TG一段落、動物実験禁止、NAM諸動向

 OECD: 試験法ガイドライン(TG)ヒト健康影響第4項中15種TG改定: TG433:急性吸入毒性試験(固定用量法)・TG452:慢性毒性試験・TG453:慢性毒性/発がん性組み合わせ試験・TG451:発がん性試験・TG443:拡張1世代生殖毒性試験・TG408:げっ歯類90日間反復経口投与試験・TG414:出生前発生毒性試験・TG412:亜急性28日間吸入毒性試験・TG413:亜慢性90日間吸入毒性試験・TG442B:皮膚感作性試験(LLNA法)・TG442DIn Vitro皮膚感作性(主事象:角化細胞活性化)試験・TG442E: In Vitro皮膚感作性(主事象:樹状細胞活性化)試験・TG438:単離ニワトリ眼球(ICE)試験・TG491:短時間被曝(STE)in vitro眼刺激性試験・TG492:再構築ヒト角膜様上皮(RhCE)眼刺激性試験、環境毒性第3項中2種TG追加: TG319A冷凍保存ニジマス肝細胞(RT-HEP)・TG319B:ニジマス肝S9細胞内分画(RT-S9)を各々用いるin vitroクリアランス測定法(参考:詳細解説試験評価モノグラフ草稿

 動物実験禁止・試験化粧品販売禁止動向: カリフォルニア州20年発効法案通過・カナダ動物実験不実施化粧品法案 (The Cruelty Free Cosmetics Act:S214)上院通過、米国政府説明責任局(GAO): 連邦研究による動物使用調査報告

 EPA新毒性物質管理法(TSCA)関連: 制定2周年記念日声明・TSCA下判定に向けた代替法開発/受容促進戦略計画最終化・新TSCA支持化学物質安全性研究サイト開設(危険性評価用既存化学物質優先順位付け過程、約76万物質網羅CompTox Chemistry Dashboardデータベース(DB)、化学物質副作用評価研究、「成果を伴う科学(STAR)基金」による器官チップ研究など新アプローチ法(NAM)解説)、オランダ公衆衛生環境研究所(RIVM): 法規制上安全性評価における動物フリー革新道程、Applied In Vitro Toxicology誌: 吸入毒性in vitro試験特集号(吸入物質の毒性評価非動物アプローチ円卓会議報告など)

 ECETOC/CEFIC長期研究主導プログラム(LRI)進捗評価と18年展望会合: ヒト健康影響面総括・環境影響面総括、EFSA: 17年3月現在約4,500物質情報網羅化学物質障害性DBの第3回更新報告、化学物質混合物(CM)危険性評価: EU JRC「無から生じる何か」政策小冊子/解説・EFSA CM/混合被曝遺伝毒性評価見解草稿、EU SCHEER: 12年SCENIHR覚書を補完する証拠の重み付け(WoE)法の危険性評価活動への使用支持新覚書

 

その他「Through the Web TOPICS」の一覧は、
TTWニュースのページからご覧いただけます。

  • TTWニュース
  • フレグランスジャーナル 電子版開始
  • YONDEMILLログイン
  • 電子書籍
  • 転載
  • フェイスブック
  • twitter始めました