pick up!

中世ドイツの修道院医学 ヒルデガルトの精神療法 35の美徳と悪徳

中世ドイツの修道院医学 ヒルデガルトの精神療法 35の美徳と悪徳

有意義で調和に満ちた幸せな人生を送るためには、自分の欠点と長所、すなわち悪徳と美徳にしっかりと向き合うことが必要です。ヒルデガルトの精神療法でもっとも大切なのは、魂を砕き、幸福をブロックしている35の力(悪徳)をポジティブな力(美徳)へと転換することです。ここに、愛と健康と生きる喜びに満ちた人生への鍵があります。 本書は心と体の健康について目からウロコの画期的な考え方を提供します。

TTWニュース(海外化粧品関連安全性、規制速報)

本頁に2009年1月〜2013年11月まで掲載した「Through the Web UPDATE(TTWU)ニュース」と「フレグランスジャーナル誌のコラム「Through The Web TOPICS」での日本語解説の仕組みを改訂し、フレグランスジャーナル 2014年1月号からNews & News中に設けた「SAFETY & REGULATION―Through The Web」欄に海外サイトを翻訳した要旨を情報として掲載しています。日本語の要旨につきましてはフレグランスジャーナル誌をご購読ください。
掲載情報の原資料へのリンクは月末に本ホームページにアップします。併せて、従前の情報収集に汎用してきたサイトを含む統合リンク集(2018年7月更新)も掲載しましたので、ご利用ください。
バックナンバーについては、従前通り下記バックナンバー頁から検索可能とし、改訂後の新原資料リンクについてもバックナンバー中に含めていきます。


<注>リンクをクリックすると英文資料がダウンロードできます。ただし、サイト刷新などのURL変更、同URLへの新資料上書きによりダウンロード不能となる場合もありますのでご了承下さい。

最新情報

 印刷(PDF) 

SAFETY & REGULATIONS    ――――   Through The Web

(2018年08月05日~2018年09月01日)

 

以下、フレグランスジャーナル誌2018年10月号関連情報リンクを示す

■ 成分諸動向、プロ用製品表示、COSMOS新基準など

EU SCCS最終答申: Phenylene Bis-Diphenyltriazine、CIR科学文献調査報告: Brown Algae由来成分Alkoxylated Fatty AmideXanthine AlkaloidAlkyloyl Lactylate、ECHA: 刺青インク現状解説・Climbazol提訴審査会判決・Furfuryl Alcohol周期評価計画(CoRAP)報告、カナダ化学物質管理プログラム(CMP): Furan化合物スクリーニング(SCRN)評価報告草稿・Furfuryl Alcohol消費者被曝低減管理計画Fatty Acid・同誘導体SCRN評価報告草稿・Ethylene Glycol Ether SCRN評価最終報告・Ethylene Glycol Dimethyl Ether(Monoglyme)重大新規活動規定適用提案、EFSA: Allanblackia Seed Oil配合拡大申請評価答申、RIFM Food & Chemicals Toxicology誌香料安全性情報センター香料安全性短総説16香料: 2-Methyl-trans-2-Butenoic AcidAcetophenoneHexyl Acetate(Z)-Octadec-9-enolButyrophenone2,6-Dimethylocta-2,4,6-trienetrans-2-HexenolValenceneHexyl Benzoate2-Hexylcyclopentanone1~10-Decahydro-5,9-Methanobenzocycloocten-11-one1,1-Diethoxy-Nonaneα-Methyl-1,3-Benzodioxole-5-Propanol Acetate6,10-Dimethyl-5,9-Undecadien-2-ol Acetate8-Methyl-1-Oxaspiro[4.5]decan-2-one3a,4,5,6,7,7a-Hexahydro-4,7-Methano-1H-Indenyl Butanoate

 カリフォルニア州Prop65法: Methyleugenol解釈ガイダンス(GD)・明瞭/妥当な警告表示規則改正8月発効解説・同質疑応答集、カリフォルニア州議会: プロ用化粧品への連邦法規制(全成分表示など)適用法案採択、COSMOS: 9月1日発効・19年1月適用新基準第3版、EU SCHEER: LED光最終化答申、NTP発がん性報告(RoC)検討委員会: 夜勤及び夜間光線(LAN、Light at Night)報告草稿、IARC: 19年9月モノグラフ検討会サーカディアンリズム攪乱が関与するシフト作業第124巻

 ■ 香料感作性QRA2最終答申、ICCVAM報告など

 EU SCCS: 香料成分の皮膚感作性定量的危険性評価(QRA)2最終化答申・FDA関心に関するThe Rose Sheet報道

 ICCVAM・NICEATM: 16・17年隔年活動報告・代替毒性試験法科学諮問委員会(SACATM)議題/資料、カナダ健康省・ECHA・EPA: 10月「化学物質危険性評価の加速(APCRA)」ワークショップ共催案内、EPA: 内分泌攪乱作用SCRNプログラム新展開ステロイド合成Toxicological Sciences誌論文・アンドロゲン受容体調節因子論文、EURL-ECVAM: 発生神経毒性予測モデル開発解説、PETA International社: 吸入毒性Webinar、Environmental Factor誌: 条件毒性値(CTV:Conditional Toxicity Value)・毒性/非毒性クラスター可視化EnvMap紹介、Environmental Health Perspective誌: 証拠の重み付け実用的枠組み開発総説、EFSA: 水生生物法規制上農薬危険性評価用毒性動態(TK・TD)最先端モデル答申

■ REACH次段階動向など化学物質規制諸動向

 ECHA・REACH: 化学物質情報源小冊子・化学物質安全性と事業小冊子、ECHA・CLP: 調和製品分類系(EuPCS)確立に伴う実用GD・CLP規則最新統合版・同未包含第11次技術進歩適応CLP規則2018/669、ECHA: 循環経済活動計画答申に基づく化学物質・製品・廃棄物規制間の連携に向けたアンケート調査

 カナダCMP: 第10回(本年1~6月)進捗報告・改正上市物質リスト(In-Commerce List)収載物質の食品・医薬品法下製品への使用状況調査を含む優先順位付け選択オーストラリアNICNAS: 天然存在(Naturally-Occurring)物質定義・定義不適合物質例示

 ナノ関連: EU JRC: ナノ医薬関連用語の規制上マッピング技術報告、英国SafeNano: ドイツ環境省のプラスチック包装中ナノ物質(NM)小冊子・オーストリア科学アカデミーの食品接触物質中NM応用報告・作業環境中NM試料採取と同定法報告・EU FP7プロジェクトAnnals Work Exposure & Health誌吸入・経皮NM被曝を軽減する作業環境危険管理法総説・米国ナノ技術協働部(NNCO)のナノ技術商業化促進の重点活動化(関連:NNI 19年大統領予算補足資料

 

バックナンバー一覧へ

Safety&Regulations–ThroughTheWeb 情報源リンク集

News & News:Safety & Regulations–Through The Web

情報源リンク集 

初版:2013.12-10
第3回更新:2018.07-18

21世紀初頭より種々の形式変遷を経て15年強にわたり継続してきたフレグランスジャーナル誌海外化粧品安全性・規制情報Through The WebTTW)ニュースの情報源を包括的に示した本リンク集も13年初版から2回の更新を経て3回目に至った。情報源リンクは、最新情報が日々追加、更新される流動的なリンクを主体に掲載しているが、本更新では末尾に当面の間の重要基盤となる固定的な資料(規則・戦略計画・道程・ガイダンスなど)一覧を追加し、参考に供した。

目  次

            1.化粧品成分主体の安全性評価及び関連規制

            2.化粧品規制

            3.化学物質規制及び評価

            4.安全性試験法、動物実験代替法及び危険性評価手法

            5.食品及び医薬品関連

            6.特定課題(ナノ・内分泌攪乱作用)

            7.重要基盤資料

 

1.  化粧品成分主体の安全性評価及び関連規制 目次

1.1  米国パーソナルケア製品協議会(PCPC:Personal Care Products Council)(PCPC)後援化粧品成分評価(CIR:Cosmetic Ingredients Review)(CIR

* 評価優先順位リスト(PL:Priority List)(CIR-PL)(右中~下段:同年・翌年分)

* 科学文献調査報告(SLR:Scientific Literature Review)(CIR-SLR)(右上~中段)

* 専門家パネル会合(EPM:Expert Panel Meeting)(CIR-EPMの上段Panel Meetingsタブから最新会合情報へ)(記録(PMA:Post-Meeting Announcement)・暫定報告(TR:Tentative Report)・最終報告(FR:Final Report)・関連資料(下段)・過去会合一覧(右)

* 成分名検索データベース(DB:Data Base)(CIR-DB)(アルファベット順、フリー検索)

* 評価結果・基盤資料一覧表(FT:Findings & Resource Table)(CIR-FT)(安全・制限・不使用・データ不足・非安全・総合など一覧表及びヘアダイ疫学・エアゾール・内分泌攪乱作用(ED:Endocrine Disruption)・植物成分・幼児皮膚など定型記述書式)

1.2  EU委員会健康・食品安全総局(DG SANTE:Health & Food Safety Directorate General)(DG SANTE)管轄:消費者安全性科学委員会(SCCS:Scientific Committee on Consumer Safety)(SCCS

* DG SANTEによるSCCSへの諮問(MD:Mandates)(SCCS-MD

* SCCS創設09年4月~13年3月分類別答申(OP:Opinion)(SCCS 09-13 OP

* SCCS再編13年4月~16年3月分類別OP(SCCS 13-16 OP

* SCCS新体制16年4月~21年3月意見聴取用草稿・最終OP(SCCS 16- OP

* SCCS本会議(PM:Plenary Meeting)記録(Min:Minutes)(SCCS PM-Min

* SCCSワーキンググループ(WG:Working Group)会合Min(SCCS WG-Min

* DG SANTE管轄:健康・環境危険性科学委員会13年4月~16年3月(廃止)OP(SCHER:Scientific Committee on Health and Environmental Risk)(SCHER-OP

* DG SANTE管轄:新生及び新規同定健康危険性科学委員会13年4月~16年3月(廃止)OP(SCENIHR:Scientific Committee on Emerging and Newly Identified Health Risk)(SCENIHR-OP

* DG SANTE管轄:健康・環境・新生危険性科学委員会16年4月(上SCHER・SCENIHR統合新設)~21年3月OP(SCHEER:Scientific Committee on Health, Environmental & Emerging Risk)(SCHEER-OP


1.3  EU委員会域内市場・産業・起業・中小企業(SME)総局(DG GROWTH:Internal Market, Industry, Entrepreneurship & SMEs)(DG GROWTH)管轄:化粧品成分DB(CosIng:Cosmetic Ingredient Database)(CosIng

* 13年7月発効化粧品規則(REG:Regulation)索引(CosIng-REG

* 13年7月発効化粧品REG成分付表(AN:Annex)索引(CosIng-AN


1.4  米国食品医薬品局(FDA:Food and Drug Administration)(FDA)医薬品評価研究センター(CDER:Center for Drug Evaluation and Research)(CDER)管轄:店頭売薬(非処方箋薬)(OTC:Over-The-Counter)(サンスクリーン、抗菌剤など)モノグラフ(MON:Monograph)REG(OTC MON

* OTC製品分類(Product Category)別米国官報(FR:Federal Register)告示(OTC-FR

* 14年サンスクリーン改革法(SIA:Sunscreen Innovation Act)(SIA)時間割(TT:Time Table)・実績(SIA-TT

* FDA非処方箋薬諮問委員会(NDAC:Non-Prescription Drug Advisory Committee)(NDAC)(左に年度別資料一覧)

1.5  国際香料工業会(IFRA:International Fragrance Association)(IFRA)(会員限定部分多数)

* 活動・ニュース(ACTV:Activity & News)(IFRA-ACTV

* IFRA基準(STD:Standard)(IFRA-STD

 
1.6  香料物質研究所(RIFM:Research Institute for Fragrance Materials)(RIFM)(会員限定部分多数)

* 刊行物(PB:Publication)(RIFM-PB

* Food & Chemicals Toxicology(FCT)誌香料物質安全性評価センター(Fragrance Material Safety Assessment Center)(RIFM-FCT

* 科学プログラム(SP:Scientific Program)(RIFM-SP

2.  化粧品規制 目次

2.1  FDA食品安全応用栄養センター(CFSAN:Center for Food Safety and Applied Nutrition)(CFSAN)化粧品REG概要(OV:Overview)(CFSAN-REG

* 連邦REG集(CFR:Code of Federal Regulation)第21章(CFSAN-21CFR

* 化粧品関連ガイダンス(GD:Guidance)(CFSAN-GD

* 警告書簡(WL:Warning Letter)などACTV(CFSAN-WL/ACTV

2.2  EU委員会DG GROWTH化粧品REG OV(DG GROWTH-REG

* REG枠組み(FW:Framework)及び追加・更新(UP:Update)EU官報(OJEC:Official Journal of European Union)告示(EU REG-FW/UP

* DG SANTE公衆衛生(PH:Public Health)部門ACTV(DG SANTE-PH-ACTV

* EU化粧品工業会(CE-PCA:Cosmetic Europe - The Personal Care Association)(CE-PCA)EU化粧品REG GD(CE-PCA-GD)及び勧告(RM:Recommendation)(CE-PCA-RM

2.3  カナダ健康省(HC:Health Canada)化粧品REG OV(HC-REG)・消費者製品安全法(CCPSA:Canada Consumer Products Safety Act)REG(副作用報告制度主体)OV(HC-CCPSA-REG

* 禁止・制限化粧品成分リスト(HOT:Hot List)(HC-HOT

* 食品・医薬品法関連既上市成分リスト(ICL:In-Commerce List)(HC-ICL

 
2.4  化粧品法規制国際協働(日米欧加)(ICCR:International Cooperation on Cosmetic Regulations)(ICCR

* 年次総会(AM:Annual Meeting)Min(ICCR-AM-Min

* 特別課題(TP:Topic)資料(ICCR-TP

2.5  オーストラリア健康省(DH:Department of Health):工業化学物質告知・評価FW(NICNAS:National Industrial Chemicals Notification & Assessment Scheme)(NICNAS)化粧品REG OV(NICNAS-REG)→19年7月工業化学物質導入FW(AICIS:Australian Industrial Chemicals Introduction Scheme)に再編施行、AICIS ACTV(AICIS-ACTV

* NICNAS既存物質リスト(AICS:Australian Inventory of Chemical Substances(AICS

* オーストラリアDH治療製品局(TGA:Therapeutic Goods Administration)(TGA)サンスクリーンREG-GD(ARGS:Australian Regulatory Guidelines for Sunscreens)(TGA-ARGS

* TGA医薬品・毒物統一収載STD(SUSMP:The Standard for The Uniform Scheduling of Medicines and Poisons、通称「毒物STD(PS:Poison Standard)」(TGA-PS))

2.6  ASEAN化粧品工業会(ASEAN:ASEAN Cosmetic Association)(ASEAN

* 化粧品指令(DIR:Directive)(ASEAN-DIR

* 化粧品DIR AN(ASEAN DIR-AN

2.7  国際標準機構(ISO:International Standard Organization)第217(化粧品)技術委員会(TC:Technical Committee)検討中プロジェクト(ISO-TC217

 

2.8  化粧品、化粧品原料関連業界組織及び情報提供活動

* PCPC化粧品情報(CosmeticInfo)総覧(PCPC-CosmeticsInfo

* 英国化粧品工業会(CTPA:Cosmetic, Toiletry & Perfumery Association)(CTPA)化粧品情報(The Facts About)総覧(CTPA-TheFactsAbout)・EU離脱関連情報(CTPA-Brexit

* カナダ化粧品同盟(CAC:Cosmetic Alliance Canada)(CAC

* EU化粧品原料連盟(EFfCI:European Federation for Cosmetic Ingredients)(EFfCI

* EU化粧品原料工業及びサービス機構(UNITIS:European Organization of Cosmetic Ingredients Industries and Services)(UNITIS

* 米国洗浄協会(ACI:American Cleaning Institute、旧石鹸洗剤工業会(SDA:Soap and Detergent Association))(ACI

* 米国消費者ヘルスケア製品協会(CHPA:Consumer Healthcare Products Association)(CHPA

* 国際石鹸洗剤家庭用製品工業会(AISE:International Association of Soaps, Detergents and Maintenance Products)(AISE

* EU議会(PAR:Parliament)ACTV(EU-PAR

2.9  その他(最新情報提供など)

* 米国化粧品情報デジタル週刊誌(RS:The Rose Sheet)(RS)(表題のみ、内容は購読要)

* PCPCオンライン情報(OIB:OnlineInfoBase)(PCPC-OIB)(内容は会員限定)

* 米国Cosmetic & Toiletries誌オンラインREG情報(C&T-REG

* オンラインREG情報(CDE:CosmeticDesign Europa)(CDE)・同アジア(CDA:CosmeticDesign Asia)(CDA)・同米国(CDUS:Cosmetic Design USA)(CDUS

* 米国消費者団体環境ワーキンググループ(EWG:Environmental Working Group)(EWG

* 日本厚生労働省(MLHW:Ministry of Labor, Health and Welfare)法令等DB(MLHW-REG DB

* 日本化粧品工業連合会(JCIA:Japan Cosmetic Industry Association)(JCIA

3.  化学物質規制及び評価 目次

3.1  米国環境保護局(EPA:Environmental Protection Agency)(EPA)化学物質安全・汚染防止部(OCSPP:Office of Chemical Safety & Pollution Prevention)(EPA-OCSPP

* 16年6月Frank R. Lautenberg 21世紀化学物質安全法(FRL-CS21CA:Frank R. Lautenberg Chemical Safety in 21st Century Act、旧毒性物質管理法(TSCA:Toxic Substances Control Act)改正・近代化法)OV (FRL-CS21CA-OV)・施行推進ACTV(FRL-CS21CA-ACTV

* 化学物質安全性評価(CSA:Chemical Safety Assessment)FW(FRL-CS21CA-CSA-FW)・化学物質評価/管理(CAM:Chemical Assessment & Management)FW(FRL-CS21CA-CAM-FW)・危険性評価(RA:Risk Assessment)FW(EPA RA-FW

* 化学物質安全性情報(CV:ChemView)DB(EPA CV-DB

* 化学ダッシュボード(CD:Chemistry Dashboard)DB(EPA CD-DB

* EPA統合危険性情報システム(IRIS:Integrated Risk Information System)(EPA IRIS

* 高生産量(HPV:High Production Volume)物質障害同定(CHC:Chemical Hazard Characterization)報告(16年以前)(CHC

3.2  EU化学物質局(ECHA:European Chemical Agency)(ECHA

* 化学物質登録・評価・承認(REACH:Registration, Evaluation and Authorization of Chemicals)REG(ECHA-REACH-REG)・GD(ECHA-REACH-GD

* 登録済(RG:Registered)物質リスト(ECHA-REACH-RG-List

* 評価周期活動計画(CoRAP:Community Rolling Action Plan)物質進捗一覧(ECHA REACH-CoRAP

* 承認(AU:Authorization)(超高懸念物質(SVHC:Substances of Very High Concerns)候補(CD:Candidates)(ECHA REACH-SVHC-CD)・AU過程OV(ECHA REACH-AU)・AU物質リスト(ECHA REACH-AU-List)・SVHC規制意図(RI:Registry of Intention)(ECHA-SVHC-RI)・一般活動協働ツール(PACT:Public Activities Coordination Tool)/危険管理選択肢解析(RMOA:Risk Management Option Analysis)(ECHA-PACT/RMOA

* 化学物質分類表示包装(CLP:Classification, Labeling and Packaging)REG(ECHA-CLP-REG)・GD(ECHA-CLP-GD

* 調和(H:Harmonized)CLP提案物質進捗一覧(ECHA-HCLP-List

* EU委員会共同研究センター(JRC:Joint Research Center)化学物質情報統合DB ChemAgora(JRC-AGORA

3.3  カナダ環境・気候変動省(ECC:Environment & Climate Change Canada)化学物質OV(CS:Chemical Substances)(ECC-CS-OV

* カナダ環境保護法1999(CEPA:Canadian Environmental Protection Act)(CEPA

* 化学物質管理計画(CMP:Chemical Management Plan)(ECC CS-CMP

* CMP対象物質ACTV(ECC CS-CMP-ACTV)・進捗報告(PG:Progress Report)(ECC CS-CMP-PG

* CMP化学物質群化主導プログラム(SGI:Substances Grouping Initiatives)(ECC CS-SGI

* CMP優先物質評価バッチ1~12:「挑戦」プログラム総括(CLG:Challenge Program)(ECC CS-CLG

3.4  全米毒性プログラム(NTP:National Toxicology Program)(NTP

* 試験技術報告(TR:Technical Report)及び抄録(NTP-TR

* 科学諮問理事会(BSC:Board of Scientific Counselors)(NTP-BSC

* 発がん性物質報告書(RoC:Report on Carcinogens)(NTP-RoC

* 健康評価翻訳部(OHAT:Office of Health Assessment & Translation、旧ヒト生殖危険性評価センター(CERHR:Center for The Evaluation of Risks to Human Reproduction))(NTP-OHAT

3.5  米国カリフォルニア州環境衛生障害性評価部(OEHHA:Office of Environmental Health Hazard Assessment)(OEHHA)・Proposition 65法(Prop65)REG(Prop65-REG)・Prop65告示(NO:Notice)(Prop65-NO)・Prop65発がん性・生殖発生毒性物質リスト(Prop65-List

3.6  オーストラリアNICNAS→19年7月工業化学物質導入FW(AICIS:Australian Industrial Chemicals Introduction Scheme)に再編施行、AICIS ACTV(AICIS-ACTV

* 既存化学物質多段階評価・優先順位付けプログラム(IMAP:Inventory Multi-Tiered Assessment & Prioritization)(NICNAS-IMAP

* 優先既存化学物質(PEC:Priority Existing Chemicals)評価(NICNAS-PEC

3.7  経済協力開発機構(OECD:Organization for Economic Co-operation and Development)

* 化学物質安全性・生体安全性ホーム(OECD-ChemSafe

* 既存物質DB(OECD-DB)・化学物質情報グローバルポータル(eCHEM:eChem Portal)(OECD-eCHEM

3.8  世界保健機構(WHO:World Health Organization)国際化学物質安全性プログラム(IPCS:International Programme on Chemical Safety)(WHO-IPCS

* 明解国際化学物質評価報告(CICAD:Concise International Chemical Assessment Document)(CICAD

* 環境衛生STD(EHC:Environmental Health Criteria)(EHC

* 国際化学物質安全性カード(ICSC:International Chemical Safety Cards)(ICSC

3.9  WHO国際がん研究機構(IARC:International Agency for Research on Cancer)(IARC

* 刊行済IARC MON(IARC-MON

* 最近(R:Recent)及び予定(U:Upcoming)IARC MON会合(IARC-R/U-MON

3.10 その他関連業界組織・情報提供活動

* 米国化学評議会(ACC:American Chemistry Council)(ACC

* EU化学品工業評議会(CEFIC:European Chemical Industry Council)(CEFIC)・長期研究主導プログラム(LRI:Long Range Research Initiative)(CEFIC-LRI

* 国際化学品工業会評議会(ICCA:International Council of Chemical Association)(ICCA

4.  安全性試験法、動物実験代替法及び危険性評価手法 目次

4.1  NTP代替法評価官庁間センター(NICEATM:NTP Interagency Center for the Evaluation of Alternative Toxicological Methods(NICEATM)・代替法バリデーション官庁間協働委員会(ICCVAM:Interagency Coordinating Committee on the Validation of Alternative Methods)(ICCVAM)

* 官庁受容済試験法(Method)リスト(ICCVAM Method-List

* Method検討状況(ST:Status)(NICEATM Method-ST

* 有害転帰経路(AOP:Adverse Outcome Pathway)OV(NICEATM-AOP

* 化学物質統合DB(ICE:Integrated Chemicals Environment)(NICEATM-ICE

* コンピューター毒性学(CT:Computer Toxicology)・予測毒性学(PT:Predictive Toxicology)OV(NICEATM-PT

* NTP 21世紀毒性学プログラム(NTP-Tox21)支援プログラム(NICEATM-Tox21

4.2  EU JRC・健康/消費者保護研究所(IHCP:Institute for Health & Consumer Protection)(IHCP)・EU動物試験代替法参照研究所-EU動物試験代替法バリデーションセンター(EURL-ECVAM:European Union Reference Laboratory for Alternatives to Animal Testing-European Center for Validation of Alternative Methods)(ECVAM

* Method RM(ECVAM Method-RM

* Method ST(ECVAM Method-ST

* 代替法DB(ECVAM-DBALM

* 他関連DB(ECVAM-DB

* AOP OV(ECVAM-AOP

* CT・PT OV(ECVAM-PT

* JRC EU化学物質規制下代替法評価・バリデーション・承認追跡システム(TSAR:Tracking System for Alternative test methods Review, Validation and Approval in the Context of EU Regulations on Chemicals)(JRC-TSAR

* EU H2020研究反復投与毒性代替後継旗艦プロジェクト(FLGP:Flagship Project)ToxRisk(FLGP-ToxRisk

4.3  EU委員会DG GROWTH管轄:欧州動物試験代替アプローチ協働(EPAA:European Partnership for Alternative Approaches to Animal Testing)(EPAA

4.4  OECD化学物質試験法ガイドライン(TG:Guideline for Testing of Chemicals)第1項:物理化学特性(OECD-TG-1)・第2項:生態系影響(OECD-TG-2)・第3項:環境運命/挙動(OECD-TG-3)・第4項:健康影響(OECD-TG-4)・試験評価MON(STAM:Series on Testing and Assessment Monograph)(OECD-STAM

* TG第4項草稿(DRFT:Draft)(OECD-TG-4 DRFT

* STAM DRFT(OECD-STAM DRFT

* 定量的構造活性相関(QSAR:Quantitative Structure Activity Relationship)ツールボックス(TB:Tool Box)(OECD-QSAR TB)・マニュアル(MN:Manual)(OECD-QSAR MN

* AOP OV(OECD-AOP)・知識ベース(KB:Knowledge Base)e-Portal(AOP-KB)・KB Wiki(AOP-Wiki

* 試験評価統合アプローチ(IATA:Integrated Approaches to Testing and Assessment)OV(OECD-IATA

4.5  欧州化学物質環境毒性・毒性センター(ECETOC:European Centre for Ecotoxicology and Toxicology of Chemicals)(ECETOC

* PB(技術報告書・WS報告)(ECETOC-PB

* 標的危険性評価(TRA:Targeted Risk Assessment)TB(ECETOC-TRA TB

4.6  その他

* 毒性試験非動物試験法情報機構(AltTox)情報源リンク集(LINK)(AltTox-LINK)(EU FW研究プロジェクト(FP:Framework Project)6、7及びHorizon 2020へのリンクを含む)、代替法総合ST(AltTox-ST

* 米国ジョンズホプキンス大ブルンバーグ公衆衛生学部代替法情報(@ltWeb

* カナダ代替法バリデーションセンター(CaCVAM:Canadian Center for The Validation of Alternative Methods)(CaCVAM

* 日本動物実験代替法評価センター(JaCVAM:Japanese Center for The Validation of Alternative Methods)(JaCVAM)・評価ST(JaCVAM-ST

5.  食品及び医薬品関連 目次

5.1  食品・食品添加物・フレーバー・食品接触物質・REG

* EU食品安全局(EFSA:European Food Safety Authority)(EFSA

* EFSA OP・報告総合誌(EJ:EFSA Journal)(EFSA-EJ)・同Wiley Online Library版(EFSA-EJ-Wiley

* EU委員会DG SANTE食品安全(FS:Food Safety)部門(DG SANTE-FS)・食品添加物(FA:Food Additives)REG/評価ST(DG SANTE-FA-ST

* 欧州フレーバー協会(EFFA:European Flavor Association)REG/GD(EFFA

* FDA CFSAN REG/GD(CFSAN-Food REG/GD

* FDA CFSAN安全認知成分(GRAS:Generally Recognized As Safe)(CFSAN-GRAS

5.2  医薬品規制

* EU DG SANTEヒト医薬品部門(DG SANTE-DRUG

* FDA CDER(FDA-CDER)・GD(FDA-CDER GD)・GD総覧/検索(FDA-CDER-GD-Search

* 医薬品査察協働FW(PIC/S:Pharmaceutical Inspection Co-operation Scheme)(PIC/S)・PB(優良製造STD(GMP:Good Manufacturing Practice)・医薬品原簿(DMF:Drug Master File)GDなど)(PIC/S-PB

* オーストラリアDH TGA(TGA

6.  特定課題 目次

6.1 ナノ技術・ナノ物質(NM:Nanomaterial) 

* ISO第229(ナノ技術)TC検討中プロジェクト(ISO-TC229

* OECD製造NM安全性(SMN:Safety of Manufactured Nanomaterials)ACTV(OECD-SMN ACTV)・SMN MON(OECD-SMN MON)・SMN PB/UP(OECD-SMN PB/UP

* EU JRC IHCP NM関連ACTV(JRC-Nano-ACTV

* EU FW研究(RES:Research)プロジェクト(FP:Framework Project)総括ナノ安全性クラスター(NSC:Nanosafety Cluster)(NSC)・ニュースレター(NL)(NSC-NL)・所属FP/Horizon 2020研究プロジェクト(NSC-FP)(左側プロジェクト一覧)・WG ACTV(NSC-WG

* ECHA NM関連ACTV(ECHA-Nano)・EU委員会ナノ監視所(EUON:EU Observatory on Nanomaterials)(ECHA-EUON

* EFSA NM関連ACTV(EFSA-NM-ACTV

* FDA NM関連ACTV(FDA-NM-ACTV

* EPA NM関連ACTV(EPA-NM-ACTV)・RES OV(EPA-NM-RES-OV

* 米国労働安全衛生研究所(NIOSH)ナノ関連ACTV(NIOSH

* 全米ナノ技術主導プログラム(NNI:National Nanotechnology Initiative、NanoGov)(NNI

* ナノ技術工業会(NIA:Nanotechnology Industries Association)(NIA

* 英国基盤EUナノ安全性総合情報(SafeNano

* ナノ技術関連総合情報(応用開発面主体にシフト)サイトNanowerk(Nanowerk

* ナノ皮膚科学会(NDS:Nano-Dermatology Society)(活動停滞状況)(NDS

6.2  ED及びED物質

* EPA ED OV(EPA-ED-OV

* EPA ED物質スクリーニングプログラム(EDSP:Endocrine Disruptor Screening Program)OV(EPA EDSP-OV)・EDSP DB(EDSP21 Dashboard

* FDA ED KB(FDA-ED-KB

* EU委員会環境総局(DG ENV:Environment Directorate General)ED OV(DG ENV-ED-OV)・ED STD REG(DG ENV-ED-STD/REG

* ECHA ACTV(ECHA-ED-ACTV

* EFSA ACTV(EFSA-ED-ACTV

* OECD ACTV(OECD-ED-ACTV)・ED関連STAM(OECD-ED-STAM

7.  重要基盤資料 目次

* CIR運営REG(RoP:Rules of Procedure)(CIR-RoP

* CIR評価基盤Web情報源リスト(WISL:Web Information Source List)(CIR-WISL)・評価報告書式(RF:Report Format)(CIR-RF

* 米国化粧品連邦REG集(CFR:Code of Federal Regulation)第21章(CFSAN-21CFR

* EU SCCS RoP(SCCS-RoP

* EU SCCS化粧品成分試験・安全性評価GD注記(NoG:Note of Guidance)(16年NoG第9版)・申請資料構成チェックリスト(CL:Check List)(SCCS-CLNM CL非NM CL

* EU SCCS化学物質障害性評価in silico法覚書(MEMO:Memorandum)(In silico MEMO

* EU SCHEER証拠の重み付け(WoE)・不確定要素(UF)MEMO(WoE・UF MEMO

* EU化粧品REG FW・UP OJEC告示(EU REG-FW/UP

* 米国Frank R. Lautenberg 21世紀化学物質安全法(FRL-CS21CA:Frank R. Lautenberg Chemical Safety in 21st Century Act)(FRL-CS21CA

* EU REACH統合(CONS:Consolidated)REG(06~18年3月)(REACH-REG-CONS

* EU REACH SVHC道程(RDM:Road Map)2020(13年2月)(REACH-SVHC-RDM

* EU化学物質分類表示包装(CLP:Classification, Labeling and Packaging)CONS REG(08~18年3月)(CLP-CONS-REG

* オーストラリア工業化学物質法2017:工業化学物質導入FW(AICIS:Australian Industrial Chemical Introduction Scheme)法(19年7月施行)(AICIS

* NICEATM・ICCVAM化学物質・医薬品安全性評価用新アプローチ法(NAM)確立戦略RDM(18年1月NAM-RDM

* EPA TSCA下判定に向けたNAM開発・受容促進戦略計画(SP:Strategic Plan)(18年6月TSCA-NAM-SP

* FDA PT RDM(FDA-PT-RDM

* OECD AOP開発評価GD改定版(AOP GD Rev)・GD補完AOP使用者ハンドブック(User‘s Handbook

* OECD AOP基盤IATA開発GD(AOP-IATA)・IATA用特定定義アプローチ(DA:Defined Approach)報告GD(DA-IATA

* EU委員会NM定義RM(11年10月)(EU-NM-RM

* EFSA食品へのナノ科学・技術応用に関する危険性評価GD(18年6月)(EFSA-NM-GD)

* EU ED物質同定STD REG:18年6月施行殺生物剤(BP:Biocidal Products)REG(BP REG)・18年11月施行農薬(PPP:Plant Protection Products)REG(PPP REG)・両REG関連ECHA/EFSA GD(ED物質同定GD)

* IDEA香料アレルゲン定量的危険性評価(QRA:Quantitative Risk Assessment)(16年9月第2版

   

香粧品(化粧品・トイレタリー)科学研究開発専門誌

フレグランスジャーナル

 

トップに戻る

香粧品(化粧品・トイレタリー)科学関連の雑誌

  • フレグランスジャーナル 電子版開始
  • YONDEMILLログイン
  • 電子書籍
  • 転載
  • フェイスブック
  • twitter始めました
  • TTWニュース